2021年10月25日

広州の複数の銀行が不動産の頭金の出所を厳重に調べ、違反した資金を不動産市場に流入させた。

(経済観察)広州の複数の銀行が住宅購入の最初の支払源を厳しく調べ、違反資金を不動産市場に流入させた。

広州3月19日電:先日、「経営ローン」を代表とする資金が不動産市場に不法流入する現象に対して、広州の監督力はさらに強化されました。

メディアの報道によると、現在広州の住宅ローンの仲介はすでに複数の銀行から通知を受けています。3月17日からさらに頭金の出所を厳しく調べています。住宅購入の「頭金」は家庭の自己資金でなければなりません。

広州のある銀行の取引先のマネージャーは、現在この銀行のローンの住宅購入者は、必ず初回支払いの出所証明を提供しなければならないと言いました。「経営ローン」「信用貸付」などの資金は使えません。調査によると、現在、広州では住宅購入者の名義に「経営ローン」があるので、銀行に住宅ローンの審査が通らなかったと言われました。

中国都市不動産研究院の謝逸楓院長は取材に対し、広州の複数の銀行が住宅購入者の頭金の出所を審査し、住宅購入者がてこを入れて家を買うことを防止するためだと述べました。この政策が導入された後、違反した資金を使って住宅購入者が調べられた場合、住宅を買えないだけでなく、納付された手付金を取り戻すことができないリスクに直面します。

謝逸楓から見れば、政府は投資に打撃を与えて家を買う決心は比較的に固めて、ある程度住宅価格の上昇の心理的な期待を緩和することができます。

注意に値するのは、3月16日、中国銀行保険監督管理委員会広東監督局が信用資金の不正流入を発表した。このうち、広州地区の銀行機構は、不動産市場に不正に流入した疑いがあるということです。銀行機構は違反した貸付に対して終了限度額、一回で全額を清算し、分割払いで前倒し返済するなどの処理を行います。

広州だけでなく、3月18日、中国銀行保険監督管理委員会深セン監督局は中国人民銀行深セン市中心支店と共同で「管轄内銀行の経営性貸付に関する問題に関する通報」を発表しました。ビルに入るなど、管理をさらに強化しています。

中原不動産首席アナリストの張大偉氏によると、経営ローンはこの不動産市場の明らかな上昇の主な原因である。2019年までに、住宅を買うのは経営ローンを使うことがあまりできません。経営ローンは普通1~3年で元本に戻ります。金利は住宅ローンよりはるかに高いです。この場合、ほとんどの人は経営ローンで家を買うことができません。

張大偉氏は、2020年には特殊政策のため、経営ローンのサイクルが長くなり、金利が住宅ローンよりはるかに低くなっているため、住宅購入者であれ銀行であれ、不動産ローンの導入に意欲があると指摘しています。

中国国家統計局が3月15日に発表した2月70の大中都市の住宅販売価格データによると、4大都市の中古住宅価格は集団的に上昇し、上海、北京、広州、深センは順次に比べて1.3%、1.2%、1.0%、0.9%上昇し、上昇幅は全国の4位となった。

張大偉氏は、一部の短期的に新築ノートや新企業に登録して、経営ローンをカバーする行為に対して、最近の圧力は非常に強いと指摘しています。このような政策の力度はきっと市場の過熱を抑えることができて、経営貸付をその本質に回帰させて、企業の経営に役立って、一定の程度の上で全体の不動産市場の非理性、不健康な発展を抑えることができます。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です