2021年10月25日

銀保監会:外資保険企業の外方株主は3種類に増加しました。

3月19日、銀保監会のウェブサイトによると、銀保監会の関係部門の責任者は「改正について<中華人民共和国外資保険会社管理条例実施細則>の決定」について質問したところ、修正前に外資保険会社の外方株主は外国保険会社に限ると答えた。修正後、出資できる外国人株主は、外国保険会社、外国保険グループ会社及びその他海外金融機関の3種類に増加しました。

「中華人民共和国外資保険会社管理条例」(以下、「条例」という)関連の一連の制度をさらに充実させるため、銀保監会は「改正について<中華人民共和国外資保険会社管理条例の実施細則」を発表した。外国保険グループ会社と海外金融機関が外資保険会社に投資する参入基準をさらに明確にする。

銀保監会の関係部門の責任者は、「実施細則」を改正することは三条の基本原則に従うと紹介しました。

第一に、対外開放の原則を堅持し、開放の約束を断固として履行し、より高いレベルの対外開放の枠組みの形成を推進することである。第二に、外資保険機構が同じ規則の下で業務を展開し、公正競争の市場環境の構築に努めることである。第三に、金融リスクの防止を堅持し、既存の保険監督制度との有効な接続を重視し、同種の機構の参入規則の基本的一致を堅持し、監督管理の裁定を防止する。

海外機構が出資している外資保険会社の範囲について、上記の責任者は、改正前に外資保険会社の外方株主は外国保険会社に限られていたと述べました。修正後、出資できる外国人株主は、外国保険会社、外国保険グループ会社及びその他海外金融機関の3種類に増加しました。

また、外資保険会社の専門的な優勢を確保するために、外資保険会社の唯一または主要株主は外国保険会社または外国保険グループ会社であるべきとさらに規定しています。条件に合致する多元化主体の持株を許可する外資保険会社は、外資保険会社の株主タイプと資金源を豊かにし、市場の活力をさらに高めることができます。

修正後の「実施細則」では、合弁生命保険会社の外資比率制限について削除しましたが、「保険会社持分管理弁法」では「単一株主持株比率は保険会社の登録資本金の三分の一を超えてはいけない」と規定されています。これに対し、上記の担当者は、前期、銀保監会が合弁生命保険会社の外資比率制限を取り消したと指摘しています。「実施細則」における外資株比率に関する制限的規定を制定し、主に対外開放の成果を固め、制度の整合性を維持する。「条例」の規定により、外国保険会社または外国保険グループ会社は外資保険会社の株主として、その持ち株比率は制限されない。保険会社と保険グループ会社以外の海外金融機関を株主とし、外資保険会社の中国側株主には、「保険会社持分管理弁法」に関する制限的な規定が適用されます。

上記の責任者はまた、改正後の「実施細則」に従って外資保険会社の参入と日常的な監督管理をしっかりと行うと強調しました。平等互恵の基礎の上で、より多くの条件に合致する海外機構が保険業の対外開放プロセスに参加することを歓迎し、共により開放的でウィンウィンの金融市場環境を構築する。同時に、中国の国情に立脚し、国際的な経験を参考にして、法規とセット制度の建設を継続的に改善し、システム的なリスクが発生しない最低ラインを断固として守り、保険業の健全な発展を促進し、新時代の金融業の改革開放が安定して遠くなることを確保する。(APP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です