2021年12月2日

グリーン金融のトップレベルの設計を改善する。

聞くところによると、中国人民銀行は現在ヨーロッパと中欧のグリーン金融分類基準の異同を研究しています。今年中に中欧のグリーン金融共通基準を発表する予定です。これは積極的にグリーン金融市場の協調発展を推進し、クロスボーダー投資を促進します。

グリーン金融標準システムの構築はグリーン金融のトップレベルの設計の重要な一環であり、わが国のグリーン金融の飛躍的な発展の主要な柱の一つでもあります。近年、人民銀行は「国内統一、国際接続」の原則に従い、国際的な関心と国情の必要を十分に考慮し、気候変動、汚染対策、省エネ・排出削減の三つの分野に焦点を当て、環境金融標準体系を絶えず改善している。現在、緑色金融統計制度は徐々に改善され、多くの緑色金融標準の制定が大きな進展を遂げ、中欧グリーン金融標準照合研究はまもなく完成されます。グリーン金融業務の規範化、グリーン金融の実現、ビジネスの持続性の確保、経済社会のグリーン発展の推進に重要な保障が提供されます。

昨年9月、我が国は“二酸化炭素の排出は2030年前にピークに達することを目標にして、2060年前に炭素中和を実現するよう努力します”と宣言しました。炭素達峰、炭素中和目標によるチャンスと挑戦に対して、グリーン金融標準体系の構築にも新たな要求があります。

「中国のグリーン金融の膨大な市場体量と経済社会の発展に伴う全面的なグリーン転換の大きな背景には、統一的に整ったグリーン金融標準体系の構築が急務となっている」首都師範大学信用立法と信用評価研究センターの薛方研究員は、中国のグリーン金融の市場規模、発展趨勢から見ても、国家の全面的なグリーンモデルチェンジ発展戦略から見ても、統一グリーン金融標準を構築する条件はすでに初歩的に備わっていると考えています。グリーン金融基準は、グリーン資金の需給双方の相互信頼メカニズムを確立するだけでなく、政策支援の対象を明確にし、監督・管理効率を向上させることに役立つ。

薛方氏は、世界は標準的な共同発展が必要で、標準的に世界の相互接続を促進し、グリーン金融の標準的な国際化を推進し、重要な歴史的機会に直面していると述べた。

「ヨーロッパ、イギリスなどの先進経済体は早く炭素中和の目標を発表しました。その金融業と監督管理機構も低炭素投資を支持する面で多くの経験があります。」中国金融学会グリーン金融専門委員会の馬駿主任は「『他の持続可能な発展目標を損なわない』を原則として、グリーン金融基準を制定し、整備し、参考にする価値がある」と指摘した。

馬駿氏によると、数年前から一部の非公式機関が打ち出したグリーンと気候金融基準は、ここ数年までEUが制定してきた公的持続可能な金融基準であり、その主導原則は気候変動に対応することを支持するとともに、他の緑色と持続可能な発展目標をカバーしており、汚染を低減し、生物多様性を保護するなどである。しかし、EUは最新発表の持続可能な金融基準の中で、その基準に合致する経済活動は他の持続可能な発展目標を損なってはいけないと強調しました。

このため、馬駿は炭素中和を制約として、グリーン金融の規定基準を改訂することを提案しています。グリーン金融にはグリーンクレジット、グリーンプロジェクトなどが含まれています。人民銀行が牽引して修正した新版「グリーン債プロジェクトサポートリスト」(意見募集稿)はすでに「クリーン石炭技術」などの化石エネルギー関連の高炭素プロジェクトを削除しましたが、その他のグリーン金融の規定基準(グリーンクレジット基準、グリーン産業目録などを含む)はまだ相応の調整が行われていません。

プロジェクト調整の具体的な内容については、大きな損害がない原則を未来のグリーン金融の定義基準として制定する必要があります。つまり環境気候の重要な分野の中で、一つの目標を実現したために別の目標を損なってはいけません。馬駿説

また、金融機関に対し、炭素排出に関する情報開示を行うよう求めています。馬駿氏によると、過去に金融機関に環境関連の情報を開示するよう求めたが、主にグリーンクレジットや企業の気候環境への貢献などを披露したが、炭素排出などのマイナス情報は公表されていない。将来、金融機関に炭素排出情報の開示を要求し、銀行ローンと株式投資家投資プロジェクトから発生した炭素排出を含む。

「炭素排出と炭素足跡を知ってこそ、炭素中和の目標を実現できる。そのため、今後は強化情報開示建設の過程で、炭素中和を非常に重要な内容として、関連情報開示は強制的に実行します。馬駿は思っています。

人民銀行の関連部門の責任者によると、次のステップは、グリーン金融標準の整備を重点的に推進し、金融機関の炭素計算の展開を推進する。強制性、市場化、法治化された金融機関の気候と環境情報開示制度の確立を推進し、デジタル技術と金融科学技術の環境情報開示と共有などの面での応用を強化する。

本紙姚進

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です