2021年12月2日

山西の地熱資源探査が華北地区の浅層で最も高温の地熱孔を新たに発見

山西省自然資源庁が22日に開催した記者会見で、同省はいくつかの地熱資源調査評価プロジェクトを組織・実施したことが分かった。その中で、「陽高県—天鎮県一帯の熱熱岩地熱資源の予備妥当性調査」プロジェクトは重大な突破を達成した。このプロジェクトは高温高圧の地熱流体を探知し、華北地区の水深2000メートルの範囲でこれまでで最も温度の高い地熱孔となった。

中国工程院の多吉院士、中国エネルギー研究会地熱専門委員会の田廷山主任などの専門家と学者は、上記のプロジェクト成果は中国中東部地域の地熱資源の形成メカニズムに対する地理学界の認識を変え、理論革新の面で画期的な意義があるとみなしている。

自然資源庁山西省地質张鹏隆紹介管理処長は、「陽高県—日鎮県一帯干热岩地熱資源予備妥当性の測量」は山西省自然資源庁連合山西省文化財庁は2017年に組織の省地質探査プロジェクトを実施し、測量単位は山西省地質回1水路工事の地質地质队、中国科学院朱日祥元帥、王焰新元帥技術指導する。

山西省大同市陽高県と天鎮県一帯に位置し、面積は1309.64km2。測量ユニットは制御測量、特定の地質測量、電磁気測量、ボーリング、総合測量、岩鉱試験などの作業方法を通じ、gr1探査ボーリングを区内で実施し、ボーリング孔は1585.3m地点に潜り込み、熱熱岩地熱資源を探り出し、孔内温度は最高167.94℃;1624.01メートルの所に入って、高温高圧の地熱流体を探知して、坑口の温度が160.2℃に達して、坑口の圧力1.12メガパスカル、最大流量231.15立方メートル/時を測定して、単坑の年間11.45×108メガジュールの熱エネルギーを利用することができると予想されて、標准石炭の3.9万トン/年に換算します。測定を経て、地熱流体の中で多くのミネラルと微量元素が含まれて、その中で偏硼酸とリチウムは医療価値濃度に達します。

山西省自然資源庁組織山西省内外地熱資源分野の専門家プロジェクトに対する論証し、同目的は、重大な突破を地熱資源の持続可能な開発と科学的根拠と技術を提供した経験を生かし、大いに提地熱の資源開発を推進する総合利用、山西はもとより、全国の省エネを実現の削減、清洁に再生可能エネルギーの利用やエネルギー構造の最適化などの意味が大きい。

張鵬隆氏によると、大同盆地深部の高温地熱資源の状況をさらに把握するため、今年山西省自然資源庁と山西省財務政庁が2億4000万元を投じて「大同盆地重点地区深部高温地熱資源」の詳細調査を行い、現在このプロジェクトは政府調達を完了した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です