2021年12月2日

河北省「一度も走らない」電力サービスモデルを構築一流の電力事業者環境を構築パイロットプロジェクト

石家荘3月22日放送:「携帯電話の『ネット国網』アプリで資料を提出したら、すぐに来てくれました。一度も走ったりしませんでした。一分も使いませんでした。本当に便利でした。」石家荘市正定県衆ふむ家具有限会社の関係者刘尧と、携帯電話を通じた換表を申請すれば、すぐに送電を完成して、日影の切なさが送電企業のいち资环境にのサービスの质と便宜を高める。

国家電力網の河北省電力会社は22日によると、現在、同社の推進のいち资环境「五から五の最適化」10項目の措置を作る顧客サービス「走ることが一度もない」と送電のモデル、中国(河北)自由貿易际海正定たいと正定ニュータウンを一流の電力のいち環境テスト、大きな地,顧客サービス品質向上と便宜を感じ、好评。

顧客に「一度も走らない」ようにするために、国家電網正定県電電公司は「ネット国網」アプリなどのオンライン配信チャンネルを普及させることで、「取引先管理+データ」を走らせ、企業のために電力使用、使用代行を行い、1時間で「グリッド化」した高速サービスネットワークを構築する。低圧ユーザーの各種の承認をキャンセルして、一度の訪問、現場の建設、一日の送電を行います。

電力をより省電力にすると同時に、国家電網の定定県電力会社は、ユーザーが一度に負担を投入するのを減らすグリーンチャンネルを開発し、低電圧ユーザーは充電を完全に無料で受ける。専用線、住宅プロジェクトのほか、園区の重点プロジェクト、電気エネルギー代替プロジェクト、電気自働車充電設備などの電力網への投資が顧客資産のレッドラインにつながる。住民、小企業、高圧取引先の電気時間を減らし、取引先管理者が担当制を導入し、「ワンストップ」追跡サービスを提供し、「電気+エネルギー効率」サービスを推進し、高圧電力施設の賃貸、エネルギー効率分析、設備の代絡などのエネルギー効率サービスを提供し、取引先に電気、電気、使用の全過程をより節約できるようにする。

「我々が『電など発展』を続け、保障企業用来すなわちすなわち班、すなわち唱中国歌を迎え、電力網を社会と経済発展の電気需要シームレスな形態の建設、正確な適応し、本格的な顧客体験『電力を感知する』と。」国家電網正定県電電公司の陳磊総経理は次のように述べた。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です