2021年12月2日

チーターモバイルは2020年決算報告でnon-gaapの株主に帰属する当期純利益4億9800万元を発表した

チーターモバイル(コード:cmcm)は3月23日、2020年度q4決算および通期決算を発表した。2020年の会社全体の総収入は前年同期比56.6%減の15億6千万元を達成し、そのうちq4の収入は2億7千万元で、前期のガイドラインに達した。一方、厳しい外部環境に直面して、事業の合理化とコスト削減を継続し、2020年第4四半期のノンギャップコストは前年同期比61%、前期比33%減少しました。特筆すべきは、当期のインターネット事業の営業利益が7560万元で、前年同期比で大幅に黒字に転じたことだ。2020年、チーターモバイルnon-gaapの株主純利益は4億9800万元、会社の現金準備及び長期投資は40億7000万元で、貸借対照表は依然として強固である。

2020年のnon-gaap帰属株主純利益は4億9800万元、現金準備及び長期投資は40億7000万元に達した

チーターモバイルは、2020年に海外環境の悪化を受けて、海外から国内に戦略の重点を移し、コストや費用をコントロールし、国内市場やai関連事業に注力することで、戦略転換と長期的な成長エンジンの構築を進めています。

継続的な合理化とコスト管理により、2020年第4四半期のnon-gaap総コストは前年同期比61%、前期比33%減少し、non-gaapの粗利率は2019年の65.4%から2020年の71.3%に上昇した。一方、ノンギャップの営業損失は2019年q4以降、四半期連続で縮小している。

また、2020年にはbytedance社の株式やその他の事業や資産の処分により、営業外収入は9.8億元、non-gaap社の株主帰属純利益は4億9800万元となっています。

現金準備や長期投資の面でも、バランスシートは堅調です。2020年12月31日の時点で、チーターモバイルは現金及び現金同等物、制限資金及び短期投資16億6000万元、長期投資24億1000万元を保有している。強力なバランスシートは、国内市場に目を向け続け、ai事業にフォーカスし、チーターモバイルの長期的な成長エンジンを構築できる柔軟性を与えています。

q4インターネット事業non-gaapの営業利益は7560万元に達し,会員数と収入は引き続き増加した

2020年のインターネット事業は、pcやモバイルアプリ、モバイルゲームを含めた収入は14億7000万元でした。このうち、海外市場でのコストや費用の低減に伴い、2020年q4、インターネット事業のノンガップ営業利益は7560万元と、2019年同期に比べて大幅な赤字に転じました。

なお、同社のインターネット事業は、2020年には「単一広告モデル」から「広告+会員モデル」への移行がほぼ完了し、会員数と収入の両方が伸び続けています。モバイル機器を例にとると、2020年q4、会員数が前期比2倍を超え、会員収入の割合が前期比3倍に増加し、移行の成果が出始めています。ツール製品のユーザー口コミとリテンションが継続的に改善し、向上している。

ショッピングモールのロボットがq4で消費シーンの商業クローズドループを開始、ai教育は100校と提携

2020年には、aiやその他の事業で8670万元の収益を上げています。

ショッピングシーンでは、チーターモバイルは国内最大のショッピングロボットネットワークを構築しており、これまでに41の中核都市、1200近くのショッピングモールをカバーし、ロボット数は1万2000人近く、一日平均5700万人以上の乗客に接触している。同時に、3つの方面でショッピングモールのシーンの商業閉ループを開始して、1つはショッピングモールの会員の発展を支援して、2つは商人がクーポンを販売してより多くの注文をもたらすのを支援して、3つはブランド顧客が広告を出すのを支援して、ショッピングモールのロボットをショッピングモール内の消費シーンに最も近いスマートデバイスにします。また、豹の移動、英国標準協会(bsi)が授与するiso / iec 27001: 2013情報セキュリティ管理認証とは国際公認の点検、鑑定、テスト、認証機関sgs授与のiso / iec 27701: 2019プライバシー情報管理システム认证、ユーザーは製品の機能やユーザー体験、プライバシー保護のレベルの最適化を続け、デパートのロボット使用体験を高める。

チーターモバイルは100以上の大学と提携し、成功した複製可能なモデルを構築しました。山東工商学院と協力し、「イノベーション人材育成モデルに基づくaiラボ建設」というテーマ研究を行う。江西理工大学と協力して、「情報・計算科学専攻実践基地建設」課題研究を行う。瀘州職業技術学院はチーターのモバイルai教育プログラムに導入されたサービスロボットを実習教育などに活用している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です