2021年12月2日

内モンゴル、蛍石フッ素化学工業の世界最大生産基地を建設へ

包头にになって3月23日、3月23日、モンゴル包钢钢連株式会社、金石資源グループ株式会社、龍大食品有限会社と浙江永冷房株式会社はこれで蛍石資源協力事業契約式、合弁という意味で、モンゴルたる白雲鄂博に蛍石の資源は60年間眠った後、公式の規模の産業化を開く。

包頭市政府からの情報によると、このプロジェクトの概算投資額は19億3300万元で、プロジェクト全体が完成すれば蛍石の生産量は80万トンで世界一となり、蛍石フッ素化学工業の世界最大の生産基地となる。

この日行われた調印式で、このプロジェクトは内蒙古の白雲鄂博鉱山に1億3000万トンの蛍石資源を60年余り眠った後、大規模な産業化利用段階に入り、世界的に有名な白雲鄂博鉱山が鉄、レアアース産業化利用後、再び新たな輝きを放つことが分かった。

公式ニュースによると、上記の協力4者は蛍石の総合的な利用の技術的難題を攻略し、蛍石資源を十分に回収し、資源の優位性を巨大な経済的優位性に転化させ、国内の戦略的資源産業の持続的かつ安定的な発展を保障するために「一体化」モデルの構筑に力を入れる。

たる「モンゴル白雲鄂博鉱保有の蛍石资源埋蔵量1.3おく万トンで、世界で初めて、蛍石現代産業の重要な鉱物の原料として、広く、新エネルギー、新材料など、新興産業および国防戦略、軍事、5、化学、光学などの分野で、かけがえのない戦略の地位を持つ、未来を持つ広大な発展空間だ。」包鋼鋼聯股份有限公司董事長の劉振剛氏は次のように述べた。

その日の契約に参加する金石資源集団股份有限公司はずっと国家戦略資源蛍石鉱山の投資と開発に集中して、中国の蛍石業界と非金属採鉱業界の唯一の上場会社です。

同日、契約に参加した竜大食品集団有限公司傘下の煙台中瑞、浙江永和制冷股份有限公司は、フッ素化学業界が近年急速に発展している新生パワーの代表格だ。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です