2021年12月2日

銀保監会は人身保険業界のコミッション制度の調査を開始します。

北京は3月23日に銀保監会から連絡がありました。銀保監会は近日各個人の保険会社に書簡を出して、全面的に人身保険業界のコミッション制度の調査研究をスタートさせます。

紹介によると、1992年に代理人モデルが内陸保険市場に導入されて以来、「人海戦術」に依存する個人代理ルートは急速に人身保険業界の成長の主要な原動力となっている。しかし、保険会社の営業マンの数が爆発的に増加するにつれて、現行のコミッション制度の弊害は次第に明らかになってきました。マーケティング体制が粗放で発展し、コミッション配分の割合がアンバランスで、マーケティングメカニズムが短期化を奨励することは、業界の「長期保険短做」、虚偽業務、「解保套利」などの問題が発生する重要な原因である。

今回の調査は主に各個人の保険会社のマーケティングチームの組織構造、販売員の口銭配分メカニズム、代理人ルートの問題及び会社の対応措置、コミッション制度の改革提案と関心が必要なリスクなどの内容に集中しています。

銀保監会の関連部門の責任者によると、今回の調査は人身保険業界のコミッション制度の長期的な問題点を徹底的に把握し、銀保監会は調査状況を合わせて、長期効果的なメカニズムを構築し、関連制度を検討し、コミッション制度の改革方向を明確にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です