2021年10月25日

青海省の新機軸を打ち出すと、金融扶貧の「保障網」が編まれます。

西寧3月23日電:23日、中国銀行保険監督管理委員会青海監督局(以下、「青海銀保監局」という)から、「第13次5か年」以来、青海はマイクロ金融、プー恵金融、グリーン金融を強力に発展させ、銀行業の保険業の良好かつ急速な発展を実現し、全省金融扶貧「保障網」を整備することが分かりました。

「第13次5か年」以来、青海銀保監局の多領域、多措置は銀行保険機構組織、治理、サービス体系の改革と革新を推進し、有効な金融機関の供給、金融商品の供給、金融資源の供給を確保する。2020年末までに、青海銀行の預金、貸出残高はそれぞれ2015年末の5228億元、5124億元から2020年末の6314.07億元、6620.86億元に増加し、年平均3.88%、5.22%伸びた。青海保険業のリスク総額は10.33兆元で、2015年末の4.29倍である。元保険料収入は103.63億元で、賠償支出は34.90億元で、それぞれ2015年末より84.09%、36.57%伸びた。青海省の保険密度は1691元/人で、2015年より76.74%伸びた。

2020年末までに、青海省の農業関連貸付残高は1894.53億元で、貧困扶助貸付残高は694.3億元である。15の深さ貧困県の貸付は年初より14.39%増加し、平均預金は年初より10.92ポイント上昇し、保険扶貧は持続的に発展し、青海省42の貧困県、1622の貧困村、53.9万の貧困人口はすべて貧困から脱出することを力強く後押ししている。

「第13次5カ年計画」の時期に、青海銀保監局は銀行の基層機構と農村基層党組織との協力を試験的に普及させ、農村基層党組織に委託して与信工房を設立し、共同で農業牧畜家ローンの発給、管理と回収などの業務に対する「双基連動」貸付モデル式を完成し、コピー可能、普及可能な金融扶貧の新しい路子を模索した。2020年末までに、全省で「双基連動」の貸付け工房3431個を設立し、82%の行政村をカバーし、「双基連動」によって全省で20の信用県を評定し、245の信用郷(鎮)、2432の信用村(コミュニティ)を設立しました。「双基連動」の貸付残高は160.67億元で、87万人の農牧民に恩恵を与え、「双基連動」の信用修復によって1938戸の金額は7031万元である。

また、青海銀保監局は青海省の地域資金流出現象に顕著な問題について、毎年最低の県域に比べて預金を選択して「クレジット補足」プロジェクトを実施し、現地の銀行機構にクレジット補足計画を制定するよう促し、信用支援責任を明確にし、重点監視・測定を行い、審査を行い、毎年県域の信用供給力を強め、資金を農業牧畜地区に戻すよう指導しています。2020年末までに、このプロジェクトを実施した県は最初の5つから26つに拡大されています。基層銀行の拠点は15つから32つに拡大されています。モニタリング統計に組み入れられた36県の貸出残高は482.39億元で、2015年より140.05億元増加し、青海農牧区の経済発展を力強くサポートしています。

また、青海銀保監局は保険保障機能を発揮し、金融貧困対策の「保障網」を構築する。大病保険政策の貧困人口への傾斜を推進し、2017年から貧困人口大病保険の起納基準を5000元から3000元に引き下げ、政策範囲内の入院医療費の支払割合を80%から90%に引き上げ、上限線を設けない。政策の倾きを実现して以来、大病保険は累计で青海省の建档カードの贫困人口のために医疗费を申告して1.41亿元を支払って、患者の医疗负担を平均的に軽减して0.41万元で、最高の赔偿金额は54.9万元に达します。「健康保険」「扶貧保険」「貧困対策」などに代表される健康扶貧保障新モデルを展開し、2017年以来「健康保険」「扶貧保」などのプロジェクトは全省8市州の47.94万人の貧困人口をカバーし、累計7.6万件を賠償し、賠償額は0.9億元である。「貧困対策」はすでに4つの市州9県をカバーしており、合計で32.3万人の恩恵を受け、賠償金は2000万元で、貧困に直面している人のために、病気や災害による貧困対策の基礎保障を提供しています。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です