2022年1月28日

1から9まで、海信最強ブランドのマトリクスaweが家電第1軍団の実力を披露

3月23日、2年ぶりに世界初の家電産業オフラインイベントaweが開幕した。過去2年、世界3大家電展示会や延期またはから線に変え、体系的な比較展示機会の業種で足りず、今回の競技各蓄积したが、2年のエネルギー技術の喷出する家電大物のハイセンスの貢献が最高の表现、ハイセンスや傘下のテレビ容声、コーロン、東芝、日立、gorenjeブランドなど9の大行列が登場し、外部に見せ多元的で立体の企業の新規構図である。多ブランド全品目を前提とした新たな家電戦争が始まったとき、海信はあらかじめ配置することで業界最強のラインナップを築いていた。

海信視像は現在の中国テレビ産業のセグメント転換が最も断固として、徹底的に成功した企業である。今回のaweは、海信ビデオの名称変更後、初の大規模な対外展示モデル転換の成果であり、海信が全方位の優位性を確立するきっかけとなった。展示の現場、ハイセンスuled 8 kテレビ、よじれ屏レーザーテレビ、社交テレビ、回転を画面に触れ、クォン・ジェジン)タッチ交互の屏、ド氏はテレビ、読むより適している个性のもり)の美学を作る圆角芸術テレビ、透明のテレビ、vrワンタッチや専攻、モニター、全シーン知恵タブレットなどの表示製品が大挙して来て、表示未来の世界感に満ち、真やり遂げた「結果が幅を利かし、サービスを利かし」。

ハイセンスの主力flagship u7g proユーロカスタムモデルとしてテレビ、スポットライトは、画質の究极の作る応用のハイセンスを最もuled超高画質の中核技術以外に、集xdr超精巧を見せ、144 hz高レート、信芯u +超高画質チップなど多くの黒技術を一身に受けて、全てはハイセンスを対外的に誇示する初のエース、現場を多く出展者が頻繁になります。今回のawe海信のブースのレーザーテレビの展示区のスター非捲曲のスクリーンのレーザーテレビはほかにありません。国内での展示は今回が初めてで,大型テレビの分野ではレーザーテレビが初めて本格的な圧着技術を実現することを意味する。愈&;

今年、「日本カラーテレビの父」と呼ばれる東芝テレビが初めて新しいイメージでaweに登場した。haisen+ toshibaは、2020年に27.6%のシェアを獲得し、日本市場で不動のトップをキープしています。昨年10月、東芝は3つのハイエンド制品を連発して、その評判のハイエンドシリーズのレグザは東芝と海信の2大技術の実力の優位性を重ねた后に1回の音画の宴をもたらすことができて、oledハイエンド市場に新たな変化要因を出現させます。愈&;

ディスプレイ分野で最先端技術をリードしているだけでなく、白物スマート家電の展示エリアでも海信白電の強さがうかがえます。特に注目に値するのは、今年の展示会で、海信が展示エリアの3分の1の面積を提示し、スマートシティ、スマート医療、スマートコミュニティなどのスマート産業生態系のレイアウトを示し、現在のb2c、b2b産業の構造を重視したモデル転換の成果を体現していることだ。業界の他企業との差別化、長年にわたる産業立地調整と技術攻略を経て、海信は黒電白電分野で強力な実力を併設しているだけでなく、スマートコミュニティ、スマートシティ分野の実用応用と技術備蓄において長年リードしている唯一の企業でもある。愈&;

今回のaweのテーマである「未来への知恵」のように、家電や消費者電子産業の最も明確な確実性へとスマート化された。展示会会場の海信はすでに一つの明らかな信号を出している:マルチブランドの全カテゴリーのインテリジェント化の戦いが始まったとき、海信はすでに他の企業との差別化のユニークな利点を構筑して、未来がより大きな空間とより広いトラックを持っていることを意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。