2021年12月2日

名創優品、「顔認識カメラが客を隠し撮り」

名創優品頂風犯行:顔認識カメラが隠し撮りをしている顧客テープが万店のロゴを隠している

中国網財経が3月24日に伝えたところによると、有名小売チェーンのブランド「名創優品」が顔認識カメラを使って顧客を隠し撮りし、ユーザーのプライバシーを盗んだことが明らかになった。同社が協力している顔認識カメラ企業は、先ごろ中央テレビ315夜会で摘発された「万店掌」だ。

江蘇省張家港市市場監督局によると日の発表によると、その管内の店名に対する目的ああああ時を発見し、「人の卓越品店」内のカメラテープに包まれたまま、テープを撤去した結果、このカメラを今年の「3・15」のパーティーで不法採取顔顧客情報を流出された「万店ぐつ」カメラで、その顔認識機能は正常に使う。現在、張家港市市場監督管理局は「名創優品」を立件し調査している。

注目すべきなのは、「名創優品」を扱う店舗で法執行機関が検査を行った際、店長のモバイルアプリのカメラ顔認識機能が正常に使用されていたことだ。この店では、来店客の性別や年齢などの情報を認識し、自動的に「新規客」「常連客」「会員」というラベルをつけてくれる顔認識機能を使っています。顧客は自分の人物情報が収集され、識別されていることを知らない。店長によると、cctv 315夜会の後、「名創優品」本部は各店舗にカメラの撤去を要求しなかっただけでなく、「万店掌」のロゴをテープで隠して使用するよう指示した。

この事件について、中国ネット財政経済連絡会社「創優品」が証明を求めたが、何度もホームページに電話をかけてもつながらず、送った取材の手紙にも返事がなかった。張家港市市場監督管理局の関係者は中国網財経に対し、「名創優品」の違法違反の証拠は「すでに定着しており、次の処理を進めている」と述べた。

顔情報を盗み撮り、一見客と常連客を「分類」する

顔情報の無断収集が発覚した名創優品の店舗は江蘇省張家港市にある。このほど、江蘇省張家港市市場監督管理局の法執行担当者がニュースの情報をもとに、管内の商人を対象に特別な調査を行ったところ、有名チェーン小売ブランド「創優品」の店舗内カメラがテープに包まれていることが発見された。

上記の状況は法執行者の注意を引いて、カメラの頭のテープを取り外すと、カメラの側面に「万店掌」という文字が印刷されていて、cctvの315パーティーで露出されたコーラー風呂の店内で使用されているカメラと同じブランドです。

この店の店長は、「名創優品は、カメラの上に『万店掌』と書かれた文字を隠しておいてほしいと要請し、すぐに執行するようにした」と話した。これは、名創優品本部が傘下店舗の顔認識機能付きカメラの使用状況を知っていたため、cctvの315夜会で関連状況が暴露された後、改善どころか隠していたことを示している。

店長が使っている「名創巡店」のモバイルアプリを調べたところ、このアプリの顔認識機能は正常に使用されており、来店客の性別や年齢などの情報を自動的に識別し、自動的に「新規客」「常連客」「会員」と表示することができた。顧客は自分の人物情報が収集され、識別されていることを知らない。

3月22日午後、中国の在京、張家港市市場監督局関連の把握に電話で同局教えの関係者は、「この(顔認識防犯カメラ)肯定できないものを上の関連証拠はすでに定着した、次の処理を進めている」と、同関係者は、「彼らの卓越品(人)本部にすでに派の人で我々とドッキングした。」

品質問題で製品に何度も抜き取り検査をされ不合格になった

顧客の顔などのプライバシー情報の盗み撮りは、「名創優品」では初めての輿情事件ではない。実際、「若い人がよく訪れる生活雑貨の集合店」と呼ばれ、「上質で低価格」を「永遠の目標」としているこの会社は、近年、品質の低さで批判されることが多い。

中国網財経はある第三者のクレームプラットフォームで、「名創優品」に関連したクレーム件数が200件を超え、その大部分が「処理中」の状態であることを発見した。二百件以上のクレームのほとんどが、オンラインショッピングモールのサービスやアフターサービスに関するものであり、品質に関するものもあれば、優良品を作ったという「虚偽宣伝」も少なくありません。

が2021年1月に苦情のうち、消費者が疑問氏の電子商取引のプラットフォームの上で自分の盲箱商品購買系の不良品、「堪えがたき駅の不安、質のスーパーの差」。消費者は、「払い戻しは可能だが、返品や補償を要求するのに時間と労力がかかった。名創優品の品質を強化したい」と話した。

別の消費者は3月15日のクレームで、「マニキュアをした後、爪が白くなったのは、基準値以上のホルムアルデヒドが原因ではないか」とし、「顧客サービスが謝罪しただけで問題は解決しないし、このブランドは以前から同様の問題(基準値以上の1400倍)があった」と主張した。

このような消費者が、マニキュアなどの化粧品の品質に疑問を抱くのは、当然のことだ。昨年9月、名創優品代理店のマニキュア「一歩で剝がすバービー(チェリーレッド)」からクロロホルムが基準値を超えて検出された。基準値は0.40μg/gだったが、名創優品代理店は基準値の1472倍を超える589.449μg/gだった。

また、昨年6月には、名創優品と呼ばれる商品を販売した「カカオフレンズ」の片耳アップルボウルからメラミン混入量の不良品が検出された。昨年4月、「miniso雨后茉莉香水(空中花園)」は広州市薬品検査所の検査で、フタル酸ジイソシンエステル(dehp)が規定に合致しなかった。2018年、壱加壱珠光帯ブラシ(古銅色)から有害物質ヒ素の過剰量が検出された。

昨年10月15日、名創優品はニューヨーク証券取引所に上場することに成功した。公開経営データによると、2020年9月末の時点で、名創優品の全世界の店舗数は4330店で、純増加は108店。名創優品の株価は3月22日の終値で22.92ドル、時価総額は70億2200万ドルだった。

資本市場の成功は、制品の品質と店舗管理の深刻な問題を隠すことは難しい。この事件の后続の進展について、中国網財経は引き続き注目していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です