2021年12月2日

新疆拝城県でマグニチュード5.4の地震、電力網正常運行

新疆バイソン3月24日報道:バイソン県阿克蘇地区バイソン県で24日、マグニチュード5.4の地震が発生し、バイソン県虎台郷の一部の家屋が倒壊した。調査の結果、電力網は影響を受けず、電力供給は正常であることが確認された。

地震発生后、国網新疆電力有限公司は速やかに緊急対策案を発動した。各級のスケジュールはまじめに監視して、電力網の負荷の変化を密接に追跡します。国網阿克苏電電公司は人員を組織して現地のハブ変電所、重要な送配電線路設備と重要なユーザー用電設備に特巡を展開する。

拝城県電力公社は党員サービス隊と緊急救助隊を組織して計35人が拝城県虎虎台郷に駆けつけ、路線巡視と緊急救助を行った。虎台郷住民のために50メートル余りの線路を敷設し、救援テントの配線に電灯を設置した。16時42分、最初の100個の救援テントの明かりが点いた。計300の避難テントを設置し、同日22時までに送電を終える予定だ。

次の诉新疆電力有限公司は、スマート・グリードの負荷状況の変化を綿密に追跡し、リアルタイムでスマート・グリードの運行を把握し、巡視モニタリング強化と防犯定着し、組織の灾害準備を応急灾害の行列、随時防犯地震による突発状況を確保の不具合が見つかった適時処理、電力網安全保障安定運行。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です