2021年10月25日

IMFは6500億ドルの特別引き出し権の追加を検討しています。

ワシントンは3月23日、国際通貨基金(IMF)の執行役員会で23日、6500億ドルの特別引き出し権(SDR)を新たに増加し、世界経済システムに追加の流動性を提供するための予備的な議論を始めた。

IMF社長のグオルギエワ氏は同日の会議後、声明を発表し、特別引き出し権の新設は世界の備蓄資産に対する長期的な需要を解決する見込みであり、全メンバーに利益をもたらし、世界経済が新たな冠の疫病から回復することを支持する。

彼女は6月にIMF執行役員会に提出することを前提に、正式な新規の特別引き出し権配分案を提案しているという。IMFは、特別引き出し権の使用過程における透明度と責任の強化に向けた新たな措置を講じる。一方、IMFは、財政状態が良好なメンバーに、財政状況が脆弱な国と低所得国を支援するための特別引き出し権を再分配することも検討しています。

IMF協議によると、IMF総裁は執行役員会に特別な引き出し権配分案を提出する権利があります。取締役会の同意を得てIMF理事会に投票し、85%以上の投票支持を得て可決する。IMFの前回の特別引き出し権は2009年9月です。

特別引き出し権はIMFが1969年に創設した国際備蓄資産で、メンバーの官製備蓄不足を補います。IMFは2015年11月30日、人民元を特別引き出し権通貨バスケットに組み入れると発表した。ドル、ユーロ、円、ポンドと共に新たな通貨バスケットを構成する。2016年10月1日、人民元は正式に特別引き出し権貨幣バスケットに加入した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です