2021年9月21日

「不動産は炒めません」を堅持します。中央銀行は銀行の信用構造の調整を最適化します。

3月22日、人民銀行は北京で全国24の主要銀行信用構造最適化調整座談会を開催し、会議では、現在の中国の実体経済の回復はまだ堅固ではなく、重点分野と脆弱な部分のクレジット構造は依然として最適化を調整しなければならないと考えています。次の段階において、金融システムは安定した中進業務の全体基調を堅持し、改革の方法で政策伝導を円滑にすることを堅持し、サービス経済の高品質発展の能力とレベルをさらに向上させる。

総量の上で“しっかりしている字が頭に立つ”を要して、貸付金が穏やかに増加することを維持して、合理的に適度で、良いリズムをしっかりととらえます。中小企業の金融サービス能力の建設を強化し、「量の増加、価格の低下、面の拡大」を実現する。金融システムの実体経済への合理的な利益の継続を推進し、小微企業の総合融資コストは着実に減少している。不動産金融政策の継続性、一貫性、安定性を維持し、不動産金融慎重管理制度を実施し、住宅賃貸金融のサポート力を強化する。

炭素達峰、炭素中和戦略目標の実現をめぐって、炭素排出削減支援ツールを設立し、商業銀行が市場化の原則に従って、炭素排出削減に対する融資活動のサポートを強化し、より多くの金融資源を緑色の低炭素産業に傾斜させるよう誘導する。商業銀行はグリーン金融標準、革新産業とサービスを厳格に実行し、情報開示を強化し、信用資源の配置を適時に調整する。科学技術の革新、製造業へのサポートをさらに強化し、製造業への融資の比重を高め、ハイテク製造業への貸付の投入を増やす。

市場化、法治化の原則を堅持し、将来的に資金の投入、貸借対照、利益、リスク指標などの要素を総合的に検討し、金融サービスの実体の能力を持続的に強化する。経営理念を改善し、金融科学技術の水準を向上させ、企業の実質信用リスクに対する判断を強化する。リスクを管理するとともに、内部審査と激励措置を最適化し、土地によって経済的に困難な省の信用投入を増やし、地域の協調発展をサポートする。(総台央視孫艶)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です