2022年1月28日

「紡織靴靴服大市」泉州の多くの民間企業が中国綿を支持

泉州3月25日安踏集団がスイス良好綿花発展協会(bci)から脱退すると発表したのに続いて、七度空間(恒安)、七匹狼、七牌、特歩、中喬スポーツ、361度など福建泉州の民間企業が相次いで声を出し、新疆綿など中国綿地帯で生産された綿花を力強く育成した。

泉州は中国の民営経済都市であり、紡績靴靴服制造業大都市であり、紡績アパレル、靴業、石油化学、機械装備など9千億の産業クラスターを擁し、多くの有名ブランドを生み出している。

アンタは2019年にbciの会員となり、同協会に加盟している中国のスポーツ用品会社を筆頭にしていることが分かった。

アンダスポーツの声明によると、ブランドとbciの提携の純粋な目的は、世界と地域の環境保護の観点から出発する。彼らは最近bciが発表した声明に注目し、この問題に重大な関心を寄せている。

アンダインの発表によると、同社はbciから撤退するための手続きを開始している。同社は新疆綿を含め、中国綿地域で生産された綿を購入・使用しており、今後も中国綿を購入・使用し続けると発表した。

資料によると、スイスの良好な綿開発協会はスイスのジュネーブに本部を置く非営利の国際的な会員組織で、いわゆる「良好な綿」栽培プロジェクトを世界規模で推進しており、現在世界に400人以上の会員組織がある。

これに先立ち、同組織は新疆でのbci綿花許可証の発行を一時停止することを決定し、新疆の綿花に「強制労働」をさせた。中国内でも波紋が広がっている。

送稿の前まで、恒安、七匹のオオカミ、い牌、特歩、スポーツでジョー、泉州361°など社が続々と引き続き使用新疆棉、中国の绵を支持し、中国のブランドの態度を見せます。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。