2021年10月25日

クラウドビジネス、クラウド購読は同時期に増加しました。徐少春は「デジタル戦力」の再構築を語っています。

北京3月25日電金蝶国際グループ理事会会長、徐少春最高経営責任者は25日、より多くの企業のデジタル戦闘力の再構築を支援すると表明した。彼はまた、未来の3年間は購読モードでもう一つの「新金蝶」を作ると言いました。

国際データ会社(IDC)は、1993年に設立された金蝶国際は16年連続で中国の成長型企業アプリケーション市場の占有率を第一にしており、4年連続で中国企業クラスのERM SaaS(つまりクラウドERP)、財務SaaS市場の占有率を第一にしていると発表しました。

25日に開催された金蝶国際2020年通期業績発表会によると、報告期間中、雲業務収入は持続的に増加し、19.12億元(人民元、以下同)に達し、同45.6%増、収入は57%を占めた。

徐少春はこの発表会で再度サーバーを打ったり、ノートパソコンを打ったりすることに言及しました。彼は「将来は雲の転換を加速する戦略が明確で、しっかりしており、国際メーカーに代わって世界企業に成長する自信がある」と述べました。彼はまた、投資家たちに雲の転換に適応する指標に注目するよう呼びかけています。

この発表会から技術の進展も分かります。例えば、デジタル化の転換は往々にして企業自身のサプライチェーン管理、人材管理、財務管理などのシステム全体の革新に関わる。従業員サービスクラウド、財務クラウド、人力雲、仕入れ雲、製造雲、販売雲、物流雲、ルート雲などを含む企業管理の全流れをカバーするSaaSサービスを提供し、国家電力投資グループ、投資局、ファーウェイなどの大手企業の愛顧を受けています。

また、中小企業に向けては、財務クラウド、税務雲、輸入、販売、注文ショッピングモールなどのSaaSサービスを提供し、その疫後の迅速な再生産、拓客開源、知能管理、リアルタイムの意思決定をサポートします。

今年は多くの企業のお客様がチャレンジしながら成長し、逆境に負けない自信を持って、デジタル戦力を再構築します。徐少春は言った。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です