2021年10月25日

チャイナモバイルの昨年の売上高は7681億元で、2年間で700メガヘルツ5 g基地局は40万個を超える見込みです

中国移働有限公司(チャイナモバイル)は25日、香港で2020年通期の業績を発表した。通期の営業利益は前年同期比3%増の7681億元(人民元、以下同)となった。株主に占める利益は同1.1%増の1078億元。年間で約34万個の5 g基地局が新設されます。

中国移動会長杨杰電話で実績が、「出席した2020年、covid−19疫学衝撃を控え、デジタル経済社会の変形加速し、業種、けじめ竞合多元的なものなど複雑な情勢を克服するため、中国の移動が困難な挑戦を続ける稳中求进、質の高い発展を推進している。

決算報告によると、2020年の中国の移動通信サービス収入は6957億元で、前年同期比3.2%増となった。家庭のおかげ、政企市場の二つの「增长极」の良い表现、ケーブルブロードバンドの収入は808おく人民元、同17.4%増、応用および情報サービスの所得が1010おく人民元、同22.4%増、代案通信業務の新業務の所得よりさらに向上を占め、chbn所得構造の最適化はさらに、未来を持続可能な成長動力を増し强。

2020年は商用化が本格化する最初の年であり、中国移働も2020年には5 gを確立しています。2020年の中国のモバイル5 g関連投資額は1025億元と発表されました。2020年9月に基づいて云の集中化やsa核心網の使用を投入し、通年の新築約34まん個を5 g基地局、累積開通39まん個、5 g基地局は、全国のすべてのませ、一部市街地や重点区域に5 gサービスを提供し、建てグローバル技術とリードし、最大規模の5 gsa商用ネット。

「我々は多くの投資が昨年5 g +の範囲内で、みんなの知恵が鉱山の暇に行って、知恵の港、知恵の工場が発見し、従来の5 gこんなに多くの重要な役目を果たしている。」杨杰質問の答えは、次の「5 g +」を続ける中国移動5 g業務の重点として、し、中国と広電のバートナーシップ共有を通じて、より広く覆われたがよい。

1月26日、中国広電と移動に北京で「5 g戦略」協力協定を締結し、本格的に700 mhz5gネットワーク共有バートナーシップ。杨杰は同日のブリーフィングで、「今回の協力に双方の建設原価を下げ、運営コストを、ネットワーク性能を高める。中国移働は現在、中国広電と緊密に交流し、推進している。進度としては、2021年から2022年までに、700 mhz5g基地局40万個以上を共同建設する計画です。

復帰はまた、中国の移動a株上場の噂、杨杰は、すでに注意本土に資本市場の近年の一連の政策を打ち出した、「回a」を作った環境のため、会社が積極的に尾行し、研究している。彼は、「a」に有利な中国移動の発展を促進し、顧客に広大な多くの機会が会社の発展による収益を分かち合った。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です