2021年10月25日

ハイパワー国際:第一四半期の北京オフィスビルの需要が強く反発して10年のシングルシーズンの最高値を更新しました。

北京は3月25日、国際不動産サービス上場会社の高力国際中国区取締役社長の鄧懿君が25日、北京で第一四半期の北京A級オフィスビル市場の純吸引量が23万平方メートルを超え、10年ぶりの第一四半期の最高水準を記録したと指摘した。

当日開催された記者会見で、鄧懿君は強い需要の反動で、同期に約20万平方メートルの新規供給があったにもかかわらず、北京オフィスビルの第1四半期の空き率は0.7%から18.8%に下がったと述べました。賃貸料の面では、市場の平均家賃は依然として下がり道にありますが、下げ幅は縮小し続け、毎月の一平方メートルあたり346.4元に達しています。

第一四半期の北京オフィスビルの新規需要はなぜ予想を超えているのですか?高力国際華北区の取締役社長の厳区海さんは、主な原因は三つあります。疫病の効果的な予防と抑制とマクロ経済の持続的な安定回復は企業拡張の前提であり、オフィスビルの新規需要の持続的な釈放の前提でもある。2020年の中国経済のプラス成長と疫病回復期間の比較的緩やかな貨幣と信用環境は、いずれも企業が2021年に持続的に拡張するための良好な基礎を打ち立てました。

第二に、抑制された企業の拡張需要が持続的に釈放された。市場の新たな需要は疫病の効果的な予防とコントロールに従って次第に回復します。今年の第1四半期に現れた新規需要の急速な回復は、昨年の需要回復の継続とも言える。観測によると、2021年の第一四半期に契約した多くの大口リースの成約も昨年の下半期から始まった商談の途中のプロジェクトに由来しています。

第三に、インターネット科学技術と金融企業の持続的な拡張による需要の新たな解放である。インターネットの科学技術と金融業界の需要は四半期で依然として強い勢いを示しています。第1四半期にすでに契約した取引以外に、現在話している大口の賃貸プロジェクトも金融とインターネットの科学技術の種類の企業を主として、そして未来の2-3ヶ月の内に取引を完成するかもしれません。

大口の取引において、高力国際中国区資本市場及び投資サービス部の取締役社長の汪bei氏は、北京投資市場は徐々に回復していると指摘した。国内の自家用バイヤーと投資家の活発度の急速な回復のおかげで、第一四半期の北京市場は全部で9件の大口取引を記録しました。成約数量は2020年下半期の合計を超えました。第一四半期の不動産市場の取引総額は前月比で約22%減少し、計約67億元に達した。しかし、投資種類の取引の成約数量と金額の比率に対する分析を通じて、汪bei氏は、投資家の取引活力はすでに回復しており、その取引数量は約56%を占め、取引金額は約83%を占め、投資取引の比率はすでに発生前の水準に回復したと指摘した。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です