2022年1月28日

中国と外国の友情がさらに熱くなる無锡国際桜祭り

無锡3月25日放送:「今日の再会は、ちょうどこの野に満開して、春を迎えて満開する桜の花のように、寂しく風に吹かれて雨に吹かれて、ついにまた天真らん漫のようです。」3月25日、2021年無锡国際桜周間及び中日桜友谊林建設34周年記念行事開幕大会で、無锡市長の杜小剛氏は、疫病の影響で中止していた無锡国際桜周間行事を正式に再開すると発表した。

1987年、日本の友人は桜を無锡に持ってきて、共に「中日桜友谊林」を建設しました。34年来、無錫の桜は無から有、少から多になった。現在、同市の公園、道路、キャンパス、工場、コミュニティ、村などではいたるところで桜が見られる。全市の桜の総量はすでに20万株余り、品種数は100種近く、毎年200万人以上が桜を見ている。

桜、すでに無锡の対外宣伝の1枚の美しい名刺になっています。無锡は、国内外のメディア、友人や観光客にも世界三大桜の名所の一つとして賞賛されています。言及する価値があるのは、無锡国際桜友谊林も今日オープンして、そのyuantouzhu “西yuantouzhu桜谷、東ホイベイ友谊林”都市全体の連働桜パターンを形成している。

25日、無锡の気温は20度以上に上がり、太湖yuantouzhu景勝地では3万本余りの桜が雪のように咲きました。桜の木の下を散歩し、「gojiangsu」の海外sns外国人ファンオフラインイベントに参加しに無锡に来たイタリア人青年飛迪笙さんは、無锡に来るのは初めてで、こんなにたくさんの桜を見て、とても嬉しかったと語った。「こちらの桜はとてもきれいで、スケールも大きいし、これまで見てきたことと合わせると、無锡のほうが住みやすいと思います」

開幕大会に出席した中国人民対外友好協会の林松添会長は次のように表明した。今日、みんなで無锡に集まり、国際桜ウィークを開催するのは、中日人民が平和を愛し、世代間友好に尽力するという共通の願いを表し、団結と協力、共同発展こそ中日人民の選択であることを世界に示すためだ。

無锡国際桜周間は7年連続で開催されており、桜をきっかけに無锡には「海外の友人」が増えている。

統計データによると、無锡市は世界220余りの国と地域と経済貿易関係を結んでおり、世界500大企業104社がここに投資し、209社の外資企業を設立した。また、無锡市の国際姉妹都市数も50都市に増え、都市の国際化と経済の外向性レベルが高まっている。

昨年、疫病の影響で、無锡国際桜を見る周間イベントが開催されなかった。今年国際桜週間行事期間に、无锡を招待したドイツ、日本、シンガポールなど国の大使館、駐上海総領事館の関係者は、外国で華機関や商工会議所が、企業代表桜友好都市や団体の代表、青年と留学生の代表など、无锡に来一連の経済貿易交流と文化交流や観光イベントに参加し、再加熱促進中外友情。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。