2021年9月21日

中国三大電気通信事業者が5 Gの開発データを発表

北京は3月25日にニュースで25日まで、中国の三大電信事業者は業績報告の中で5 Gの発展状況を披露しました。

中国移動は25日、2020年に中国移動5 Gに関する投資総額は1025億元(人民元、以下同)であると報告した。年間に約34万個の5 G基地局を新設し、累計39万個の5 G基地局を開通し、全国のすべての地級市、一部の県城及び重点地域に5 Gサービスを提供し、世界技術の先頭、最大規模の5 G SA商用ネットワークを建設する。2020年末までに、中国移動の5 Gコースのお客様は1.65億戸に達し、ネットは1.62億戸増加しました。

5 G垂直業界のモデルの着地を推進する方面に、中国移動は100個のグループ級のリーダーシップモデルプロジェクトを製造して、2340個の省級地区の特色プロジェクトを開拓して、15個の細分業界のリードアウトの優位が次第に現れます。

2020年、中国電信5 Gの資本支出は392億元で、中国電信は2021年5 Gの関連資本支出は397億元で、2021年末に70万基の5 G基地局を累計開通する予定で、年間で32万基の5 G基地局を新たに建設し、5 Gネットワークのカバー範囲はすべての県城と町に拡大すると発表しました。

中国聯合通信は初めて業績報告で5 Gのユーザー数を披露した。2020年末までに、中国聯合通信の5 Gコースのユーザー数は7083万戸に達し、2020年5 Gの支出は約340億元である。中国電信と世界初の規模の5 G共同で共有ネットワークを構築することで、全体の5 G基地局の規模は累計38万個に達する。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です