2021年10月25日

中国中央銀行の調査:5割超の住民が次の四半期の住宅価格を期待する「基本的に変わらない」

北京3月25日、中国中央銀行が25日発表した2021年第1四半期の都市預金者アンケート調査によると、来期の住宅価格について、25.2%の住民が「上昇する」と予想し、52.0%の住民が「基本的に変わらない」と予想し、10.9%の住民が「減少する」と予想し、11.9%の住民が「見られない」と予想している。

中国中央銀行が全国50都市で行った2万戸の都市預金者アンケートの結果です。

調査によると、今季の収入感受率は51.7%で、前四半期より1.1ポイント上昇した。今季の就職予想指数は53.1%で、前四半期より1.9ポイント上昇した。

調査によると、「より多くの消費」に傾いた住民は22.3%で、前期より1.0ポイント下がった。「より多くの貯蓄」に傾いた住民は49.1%で、前期より2.3ポイント低下した。「より多くの投資」に傾いた住民は28.6%で、前期より3.3ポイント上昇した。今後3ヶ月間で支出を増やそうとしている項目について質問された場合、教育、医療、旅行、住宅購入、高額商品は住民の選択の上位5位に位置します。

この日同時に発表された2021年第1四半期の企業家アンケートによると、企業家のマクロ経済熱指数は38.9%で、前期より4.5ポイント上昇し、前年同期より26.5ポイント上昇した。銀行家の調査結果によると、銀行家のマクロ経済熱指数は42.4%で、前四半期より8.8ポイント上昇した。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です