2021年12月2日

中央省庁の予算を集中的に公開

北京の2021年3月25日付の中国中央省庁の予算が25日に集中的に社会の公開、財政部、国家発展改革委员会、応急管理、人力資源社会保障省、水利部、生態環境部、農業农村部などの省庁は同日、それぞれの省庁の予算を相次いで発表した。

2021年中央省庁の予算を含む省庁収支の総表の公開、収入総表、省庁の支出総表、財政交付金収支の総予算の表が、一般の公共支出の表、一般予算の基本公共支出の表、一般公予算の「三公」経費支出の表、取り組み基金予算支出表、国有資本と経営の予算支出9枚財務諸表表など。大会で情報を除いて、一般の公共の予算支出支出機能別に公開項目級科目、うちの基本的な支出の省庁の予算支出の経済モデル級に分類科目に公開。

財政部の関係者によると、各省庁の予算が公開の財務諸表とともに、また、予算収支の増減の変化、機関の運営経費の配置し、「三公」経費(仕事で出国(境)公務用車両購入費、および学習と公務接待)、政府調達、国有資産専用提出、予算の成果管理、全人代審議事業などの状況を説明し、専門性の強い名詞説明だ。

のうち、国家発展改革委员会は2021年に省庁の収支の予算18.906578おく億ウォン(亿元で、一般の公共の予算支出は6.564035おく元、2020年执行数より23.03%減少し、大々的に压减一般の支出を重点压减共用経費と一般課題研究に関わるの非が非刚性支出、重点を同時に優先的に保障支出需要。

2021年財政収支の予算102.423312おく億ウォン、一般公予算同年交付金68.679744おく億ウォン、2020年执行数より4.837225おく億ウォン、主に外交支出の国際組織股金および基金支出が増えている。2021年の「三公」経費预算数2020年より減った162.87まん元、紧日子ことの要求どおり、さらに压减引き取っ出国(境)任務や公務用車費用、公務接待費支出。

2021年の中央省庁の予算に公開し、公開の定着を貫徹し続ける紧日子压减支出を要求する場合、事業予算の支出の公開ドライブ;予算実績情報公開の強度を続ける;省庁の予算の公開範囲拡大。今年、中央省庁の予算も初めて公開国有資本と経営。

財政部の関係者は、「ここ数年、中央省庁の項目の支出実績目標の公開範囲を拡大している。を通じて公開の重点事業実績を目標に、さらに社会各界の門戸を開いた履职政府の「窓口」を知り、財政資金をはっきり見せてくれた「任務単、スケジュール、イメージイラストです」、公衆もっと財政資金を直接に见せる配置はどこにどう、所期の効果を使用。促す省庁も、有利実績責任意識、効率の向上、定着資金使用促進単位管理の強化、切実に財政資金使用効果を高める。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です