2021年12月2日

中央銀行は100億元の逆買い戻し操作を展開し、ゼロを引き続き投入し、ゼロを回収する。

北京は3月25日、中国人民銀行が25日、100億元の7日間の買い戻し操作を行った。当日は100億元の逆買い戻しが期限切れとなり、中央銀行は引き続きゼロ投入ゼロ回収を実現した。

中央銀行が発表した公告によると、銀行の体系的な流動性を維持するために合理的に余裕があるということで、当日は金利入札方式で100億元の逆買い戻し操作を展開しました。期限は7日間で、落札率は2.2%で、前回と同じです。

3月以来、中央銀行の逆買い戻し操作量は安定しており、取引日ごとに100億元の7日間の逆買い戻し操作が展開されています。最近14日間の取引日は逆買い戻し満期量と同じ量のヘッジが実現されました。

25日に発表された上海銀行の同業者間の利上げ(Shibor)によると、各期間の利上げは下落して互いに現金化された。その中で、翌日、7日間の利率はそれぞれ2.29.0%、2.194%で、前の取引日と比べてそれぞれ20.7ベーシスポイント、20.2ベーシスポイント上昇した。14日間の利率は2.412%で、前の取引日より1.7ベーシスポイント低下した。年利率は3.089%で、前の取引日より0.1ベーシスポイント低下した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です