2021年12月3日

于芝涛立flag:海信大は産業の2025年の年収を千億にする

「テレビ業界はシャッフルに拍車をかけている。海信大ディスプレイ産業の2025年の収入は千億円に達し、世界一流のマルチシーンシステムディスプレイソリューションプロバイダーになる。」海信電子情報集団総裁芝涛は3月24日、全顧客とメディア100社に対して、このflagを厳粛に立ち上げた。于芝涛氏によると、改名16ヶ月の海信ビデオは一貫して大表示戦略を堅持し、新たなコースを広げ、ますます多様化するシーンの消費ニーズを満たし、スクリーンと接続の価値を再発見し、新たな成長空間も見つけた。

2020年に海信テレビは成長率が逆になり、17年連続で国内市場シェア1位となった。海信レーザーテレビは2020年に唯一プラス成長したテレビカテゴリーとなり、販売量は前年同期比で98.6%増加し、ハイエンド大画面の第1位をしっかりと占めた。海外では、「客観的で公正でお金を受け取らない」ことで有名な海外専門評価サイト「rtings」のランキングにランクインし、画質の優位性でソニーに勝ち、トップに躍り出た。

2020年、hisenseはシーン化サービスとディスプレイ生態系の構築に固執している。家庭シーンではタッチ式教育モニター、冷蔵庫モニター、玄関モニターなど多様な製品を、オフィスシーンではフルシーンのスマートタブレットとエントリーレベルのオフィスモニターを発売しました。

教育シーンでは、海信がスマート黒板、教育ホワイトボードを発売した。ゲーム市場では、海信はハイエンドのeスポーツモニターであるブルーオーシャンに進出し、同時に業界初のゲームテレビを発売した。ディスプレイ・チップ分野では、tconの出荷台数が年間4000万個を超え、世界シェアは50%を超えている。集看雲プラットフォームは現在、ビデオ通話、オンライン教育、ソーシャルエンターテイメント、遠隔監視、遠隔医療、ビデオ顧客サービス、スマートシティなど7大シーン20+事業形態をサポートしており、1000側のhdビデオ通話をサポートすることができる。

ユビキタス、サービスがユビキタスであることを示す。于芝涛氏は、2021年にスクリーンと関連したビジネスを再び行う価値があるとみなしている。海信はディスプレイ技術の革新、アプリケーションシーンの拡大、クラウドサービスのアップグレードを中心に、大ディスプレイ消費モデルを継続的に導入していく。2021年にはディスプレイ系チップ、soc系チップ、aiot系チップの開発を続け、2021年にはディスプレイ系チップの売上高が3億8200万元に達し、ディスプレイ系チップ業界第1位を目指す。今年11月には国内初の8 k +120 hz超高画質チップを本格的に量産する。表示技術では、海信は8 kレーザーテレビの研究開発を完了し、カール画面レーザーテレビと画面発声第2世代の新商品を発売する。uledテレビは今年、大型アップグレードを迎え、8 k画質チップ、xdr、144 hzなどの革新により、液晶ディスプレイの天井を再び刷新し、マイクロled大画面、ミニledテレビの新商品を発売する。

また、応用シーンでは、家庭、オフィス、教育、ゲームの新ディスプレイ製品を継続的に展開し、新世代の回転タッチパネル、玄関パネル、スマートホームコントロールを実現するルービックキューブ、没入型教育ディスプレイをもたらすvr複合機、4 k、144 hzのゲームテレビを発表します。

「世界有数のテレビ・コンテンツ・サービス・プロバイダーとして、hissince社ほど、将来ユーザーが必要とするのは「テレビ」だけではないということを理解している人はいません。この洞察に基づいて、海信は海信クラウドサービスをアップグレードし、家庭向けクラウドサービス「小聚院線」を発売し、スマートテレビの高画質、ビッグデータのスマートaiなどのコア能力を通じて、オフライン映画館の外に第2の映画鑑賞窓口を構築する。

于芝涛は次の全てのハイセンス、東芝とハイセンスの二つのブランドを利用する液晶とレーザーの二つの品目は、国際国内両市場、品質や技術2に支えられ、2個の画質と応用树干に、優れた質の良いこの重点を守る価値マーケティングこのセンターは、全てのハイセンスの実現、大コースの絶対優位を見せた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です