2021年12月2日

京津冀「3+ n」連合冠脈拡張バルーン采用平均90%値下げ

天津市3月25日報道北京市天津市「3+ n」連合の冠脈拡張バルーン類医療用消耗品のベルト量連動購買の結果が25日、天津市で発表された。今回の采用を経て、連合地区の冠脈拡張バルーンの価格は平均価格3401元から319元に下がり、2020年に比べて同企業の同製品は平均90%値下げされた。

京津冀三地医療保障局はこのほど、新疆と新疆生産建設兵団医療保障局と共同で、血管拡張バルーン類の医療用消耗品のバンド量を連動させた調達を行った。今回采取された冠脈拡張バルーンは、構造は高速交換型で、机能属性は半順応性と非順応性を含んでおり、仕入方式は「バンド量連動、双方向選択」で、仕入サイクルと国家組織の冠脈ステント集中バンド量仕入サイクルは同期対応している。

国家組織高値医療消耗品共同調達弁公室主任、天津市医療保障局副局長の張鉄軍氏によると、昨年、国は冠脈ステントの集中的なバンド量の調達を行い、冠脈ステントの価格は大幅に低下した。経皮冠状動脈の介入治療に必要な消耗品である冠脈拡張バロンの価格は依然として相対的に高い。さらに大衆の負担を軽減し、高価値の医療用消耗品を改善する改革を継続的に推進するため、今回の冠脈拡張バルーンのベルト量調達を行います。

今回集められた31社72 72製品のうち、28社が外資企業、44社が国内企業で、国内製品の平均価格が90.72%、輸入製品の平均価格が88.97%下がった。医療机関で臨床によく使われる主流制品をすべて選定し、意向購買量に換算して9億4200万元の節約を見込んでいる。430の医療机関が購買主体として積極的に参加し、初年度の購買意向量は31万5000に達し、医療机関需要の80%を占めた。

張鉄軍副部長によると、冠脈拡張バルーン類医療用消耗品バンドの量連動仕入は采合合、量価連動を継続し、選定企業は臨床使用のためにマーケティングする必要がなくなり、流通コストを最小限に抑えた。今回の採集では、「バンド量連動、双方向選択」方式を初めて采用し、他地域の冠脈バルーン類のバンド量仕入価格と直接連動させ、企業が出回り、何度も入札する負担を軽減するとともに、政府管理コストを大幅に圧縮し、採集効率を高めた。

天津地域の患者は、2021年4月に集采価格で値下げされた冠脈拡張バルーン類を使用することで、患者の費用負担がさらに軽減されるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です