2021年9月21日

人工知能創新高地「自主知能無人システム」の創出を支援する。

上海3月25日電:上海市市級科学技術重大特別項目「人工知能先端基礎理論と肝心な技術——自主知能無人システム」起動会が25日、上海張江人工知能島で開催された。会议では、潘云鹤、孙优贤、刘玠、呉曼青、樊邦奎、呉志强、陆军、徐逸、曾志刚、孙健の10人の院士と有名な専门家が共同で构成されたこの重大専门家コンサルティング委员会が成立しました。

重大な特定項目の首席科学者を担当する同済大学学長、中国工程院院院士の陳傑は、重要な特定項目の全体的な配置と実施案の進捗状況を報告し、特別管理要求を紹介した。紹介によると、重要な特別項目は同済大学がリードして、復旦大学、上海交通大学が参加して、浙江大学、北京理工大学、上海大学、中国電子科学技術集団などの機関が共同で協力して負担して、自主知能無人システムという重要な需要をしっかりとめぐって、焦点自主知能無人システム、メディアを跨る機械知能、人機融合知能と三元の群体智人工知能研究の開源開放と生態研究プラットフォームを建設し、人工知能研究サポートツールとシステムを開発し、無人機、知能製造、知能病院などに向けた応用モデルを建設する。

専門家諮問委員会の潘雲鶴院士主任、孫優賢副主任及び会議に出席した諮問委員会の専門家はそれぞれ重要な特別任務の一つから任務の四つまでの特別実施方案を聴取し、各プロジェクトの実施方案を指導した。人工知能は情報技術革命を推進する新しい動力であり、国際競争の新たな焦点であり、人工知能の急速な発展を推進するために、国際的な影響力を持つ上海科学センターを建設するために、国家戦略科学技術の力を構築し、「人工知能前基礎理論と肝心な技術——自主知能無人システム」をスタートさせる。非常に重要な意味を持っています。この重要な特定項目の位置づけは正確で、内容は先進的で、技術案は科学的で合理的で、研究目標は明確である。主な特定項目のリード機関である同済大学、共建機関である上海交通大学と復旦大学及び協力機関は関連分野において良好な研究基礎を有し、既に優秀な人材チームを形成しており、この特別項目を完成するために重要な条件と保障を提供しています。

上海市発展改革委員会の革文進副主任によると、3つの大学は人工知能科学の最前線を目指し、自主知能無人システムに焦点を合わせ、それぞれの基礎的な優勢と自身の特長を十分に発揮し、この科学技術の重大な特別項目の実施を通じて、上海は人工知能基礎理論、人材チームと肝心な技術などの面で重大な突破を勝ち取ると信じています。

同済大学党委員会の党書記の方守恩氏によると、同済大学は最大の熱誠をもって、全校の力を挙げて特定項目の共同建設部門と一緒に特定項目の組織、管理と推進活動を行い、上海が人工知能先端理論研究、ハイエンドの人材が集まり、産業技術発展の面でリードしている。

復旦大学の金力常務副校長によると、復旦大学は全校の力を挙げて、重大な特別項目のために護衛し、科学者が科学無人区に勇敢に突進することを支持し、中国の新世代の「強人工知能」の転覆と超越を実現するよう努力し、上海を全世界の影響力を持つ人工知能科学センターに建設する。

同済大学によって建設された上海自主知能無人システム科学センターは設立2年以来、人材チームの建設、国家戦略と地方需要、プラットフォームと学科の建設、重大科学施設の建設などの面で一連の重要な進展を遂げ、影響力のある学術成果を上げ、無人システムの国際学術発展と我が国の「ネックカード」の重要な技術は難関を突破して作用を発揮します。現在、いくつかの優秀な人材が科学センターに加盟しています。九大研究の方向において、院士のリーダーシップ、優秀な中青年基幹が参加する研究チームが形成されています。上海市都市運行管理センターと共同で多くの人工知能重大研究成果を発表しました。科学センター建設プロジェクトは国家人工知能上海案に組み入れられ、2020年から「上海市の重要建設プロジェクト」に選ばれました。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です