2021年10月25日

全国港分野で初めてのデジタル人民元決済業務は遼寧港集団で着地しました。

大連は3月25日にニュースで3月25日に、遼寧港集団は交通銀行大連支店と提携して、多式聯運中の埠頭のスーツケース業務を突破しました。

2020年11月末、大連市はデジタル人民元の第二次試験都市となり、これをきっかけに遼寧港集団は「遼港+デジタル人民元」の普及応用活動を開始し、自身の「知恵港2.0」建設範疇に組み入れ、数字人民元決済方式を増やし、金融サービスの多元化発展を促進した。

遼寧港集団は大連港物流網の既存の支払プラットフォームの中で、デジタル人民元決済チャネルを増やして、お客様はプラットフォームを通じて埠頭のスーツケースと海鉄聯運業務シーンのオンラインデジタル人民元決済を実現できます。また、関連サービスホールに増設されたデジタル人民元専用POS機、コードスキャンなどを通じて、埠頭のトランク、海鉄聯運の有料決済ラインの下で行うこともできます。この動きは効果的に企業の前納金の資金の占用圧力を免れて、企業が第三者を使って手数料を発生する財務コストを支払うことを減らして、広大な取引先のために真実な便利さと効果を持ってきます。

今後、遼寧港集団は今回の数字人民元をコンテナ多式聯運業務に応用した上で、徐々に食糧、油、鉱石などの大口貨物の海鉄聯運業務の品種に普及させていく。パイロットのロールバック、乗船チケットの異郷支払い、賃金代行などの多場面多領域の応用を研究して、徐々に遼港業務と数字人民元の全面的な融合を実現していく。急速にデジタル化の転換を推進し、東北アジア国際航運センターの建設、「一帯一路」国際物流通路の建設に貢献する。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です