2021年10月25日

山西プラスコード「プラスチック制限」生分解性プラスチック輸出30カ国

太原3月25日報道重点分野に焦点を合わせて、山西省のプラスチック汚染対策をスピードアップします。山西省政府新聞弁公室が25日に開催した記者会見で、2021年7月1日から山西省は全省で、使い捨てで生分解できないプラスチック制品の生産、販売、使用を禁止することが分かった。

山西省発展改革委員会党チームのメンバー、姚少峰副主任によると、山西省がまもなく発表する「プラスチック汚染対策の推進に関する行動案」(以下「行動案」という。)は、禁止プラスチックの範囲、時間、ガバナンスなどの面で国家の要求を上回っている。

その中で、「行働案」は国家が要求した省都建成区の実施範囲が大同、長治、臨汾の3省域副中心都市に拡大され、禁限塑範囲がより広い。

山西省は、不可分解ビニール袋、不可分解使い捨てプラスチック食器、使い捨てプラスチック用品など、回収が難しく消費量の多い3種類のプラスチック制品に対して、国の要求を1 ~ 2年繰り上げた。同時に、管理システムはより健全で、プラスチック汚染の全連鎖の管理を堅持し、五輪連動(生産、販売、使用、回収、処分)に対して具体的な管理措置を提案する。

また、姚少峰氏は山西省では現在、規制規制立法作業を進めており、規制規制を禁止する作業は法治の軌道に組み入れられると明らかにした。

禁に対する代替人々がプラスチック制の编集してどうやプラスチックの依存、山西省工信庁张占祥新聞スポークスマンは、禁制の编集が施行された後、山西、紙袋を積極的に使用を広めるため、エコ袋、不織布の袋などの代替製品とともに、省内の企業が技術開発を励まし、開発分解プラスチック生産できる。

現在、山西省の生分解性プラスチック生産能力は4万トンに達し、制品は国家プラスチック制品品質監督検査センターと一部国際標准化組織の認証を通過し、イタリア、イギリス、フランス、インドなど30余りの国と地域に輸出され、省のプラスチック制限と禁止のニーズを効果的に満たすことができる。

生分解性プラスチックは省をリードするバイオベースの新素材の新興産業として、山西省は政策、資金などの面でサポートを強化し、生分解性プラスチック企業が技術革新と研究開発を実施し、企業のブランド競争力を高めることを奨励する。山西省の生分解性プラスチック生産企業は、省と国内市場の需要を満たすためにグリーン制品の供給能力を向上させるために、生産能力をさらに拡大します。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です