2022年1月28日

快手ecは杭州で引力大会を開催し、ライブec 2.0時代の幕開けを宣言する

3月25日、速手電商は2021年3月26日に浙江省杭州市で「2021速手電商引力大会」を開催すると発表した。快手ecが設立されて以来、初めて業界会議という形で対外的に声を出すことになった。

2020年には、急速な発展を迎え、ライブ中継eコマースコマース業界をリードするプラットフォームに成長しています。速手電子商取引の2020年第4四半期と通年の実績データによると、2020年の速手電子商取引の商品取引総額(gmv)は3812億元で、前年同期比539.5%増となり、ユーザーの平均購入率は2019年の45%から2020年には65%に増加した。

今回の「2021速手電子商取引引力大会」で、速手電子商取引はさらに「配当計画」を発表し、製品、マーケティング、流量などの観点からキャスター、ブランド、サービスプロバイダーに配当を放出し、2021年に事業者のより速い発展を支援する。大会ではまた、快手電商キャスター代表のチャイ、ブランド代表のblings香水及びサービス会社代表の盛京商業を招待して壇上で共有し、優良企業に表彰する。

「快手ec引力会議」は、「ライブec 2.0時代」という概念を初めて打ち出した。従来の「コモディティ+コモンズ」では、「コンテンツ+プライベート」を軸に、「面白さ+信頼」というユーザーマインドで独自の競争力を形成し、ライブコマースコマースの新しいブームをリードしています。今回の大会では、速手ecが「ライブec 2.0時代」について考えを共有します。

これに先立ち、早手ecは2020年に一連の支援策を発表した。そのうち、新規事業者が「快手小店」をオープンしてから30日以内に、最初の100万元の取引額はプラットフォーム技術サービス料の減免を受ける。2020年116ショッピングカーニバル期間中、速手電子商取引はまた億元の現金と10億フローを出して重点的に中小商店を支援する。

今回の「快手電子商取引引力大会」は、商店の敷居をさらに下げ、利益を出すことで、より多くの商店、ブランド、サービス・プロバイダが快手で早く成長し、確実性の高い長期的なビジネスを実現できるように手助けする。新「ボーナスプラン」の発表により、各キャスターに独自の引力を持たせることを目指しています。2021年には、より多くのサポートとサービスを提供し、キャスター、ブランド、サービスプロバイダーとともに成長し、ライブeコマース2.0時代を切り開いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。