2021年10月25日

湖北公安出入国管理部門は営商環境の最適化に多くの措置を講じている

武漢3月25日:湖北省政府新聞弁公室が25日に開催した記者会見で、湖北省公安出入国管理部門が社会経済の発展と産業の復旧のために、経営環境の最適化に多くの措置を講じていることが分かった。

湖北省公安庁の胡甲文副庁長によると、このほど「湖北省公安機関の営商環境を最適化するための若干の措置」を打ち出し、人口の移動、出入国証証、金融サービスなどの多方面から、国民の利益と発展を促進する23のサービス措置を打ち出した。その中には、省内の市、州戸口移転の「ワンストップ」処理を全面的に実施することが含まれている。企業机関がオンラインで香港・マカオのビジネス登録書類を取り扱うことを段階的に実現し、関系者がセルフサービス机で香港・マカオのビジネスに何度も通い署名することで、「立等の望ましい」サービスの利便性などを享受する。

湖北省公安庁出入国管理局の章恵副局長によると、同省は防疫アプリのウィジェットを開発し、大衆と外国人の友人に出入国計画を合理的にアレンジするよう誘導した。入国口で防疫検査を展開し、海外から帰国した人々と入国外国人のために科学サービスと閉ループ管理を提供し、疫病の輸入を防いで、湖北のペスト復興のために安全な公衆衛生環境を造成する。

また、才能を引き出し、知識を引き出す仕事を展開し、外国人のハイレベル人材の推薦ルートを広げていきます。武漢で移民事務サービスセンターを試験的に設立し、自由貿易区の12の出入国便宜政策措置を全州で複製・普及させ、「コア、スクリーン、エンド、ネット、車」兆個のクラスター産業の復旧・生産を保障するために正確なサービスを提供する。

章恵氏によると、湖北省公安局出入国管理局は次のステップで、出入国証明書の無料采用サービスを率先して提供し、パスポート、香港・マカオ通行証、大陸証明書の3種類の出入国証明書の料金を25%、台胞証明書の料金を60%削減する。「一度に、すぐに、インターネットで、遠隔地で、遅延で」を実施することで、現場での待ち時間を一人当たり30分短縮し、鑑識時間を4日近く短縮し、人民大衆の外出と企業のビジネス運営の経済と時間コストを節約する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です