2021年6月14日

アマゾン雲科技は初めて中国の業務戦略を発表しました。

北京では3月26日、アマゾン雲科技が25日、北京でメディア交流会を開催し、初めて「トロイカ三乗」の中国業務戦略を正式に発表しました。聞くところによると、アマゾン雲科技は中国業務の「三乗馬車」を作ることに力を入れています。中国エリアを利用する中国のお客様に世界トップのクラウド技術を享受させます。サービスは現地業務をより深く耕し、海外の全世界のお客様に中国エリアを利用して世界ITアーキテクチャと体験の整合性を維持します。海に出て世界に出かける。

上記の業務戦略の実施をさらに推進するため、アマゾンクラウドは西雲データで運営するアマゾンクラウド科技(寧夏)エリアで二期拡大を行うと同時に発表しました。工場の設備面積が新たに増加し、計算容量が一期の1.3倍に達すると予想されます。

光環新網が運営するアマゾン雲科技(北京)エリアは2021年後半に第3の利用エリアを正式に発表し、お客様により柔軟で信頼性の高い、利用性の高いインフラサービスを提供します。

また、アマゾン雲科技は中国との戦略提携を発表しました。中国と米の科学技術は全世界でアマゾンクラウド技術を全面的に使用し、世界70カ国以上と地域をカバーする「芯端雲」戦略配置をサポートします。

「中国はアマゾン雲科技の世界発展の中で最も重要な国家の一つです。私たちは中国業務の発展に対して長期的な約束を持っています。Amazonグローバル副総裁、アマゾン雲科技大中華区執行役員の張文翊氏によると、アマゾン雲科技の中国でのビジョンは、お客様の創造精神を利用して、お客様の改造を行い、お客様のグローバルな業務開拓を加速し、現地の人材育成を強化し、業界の転換を促進し、デジタル経済の発展を助け、全社会に利益をもたらします。

近年、アマゾン雲科技は中国での長期的な発展を堅持し、絶えず投入を拡大しています。2016年9月、光環新網が運営するアマゾン雲科技中国(北京)エリアが本格的に商用化された。2017年12月、西雲データで運営されているアマゾンクラウド技術中国(寧夏)エリアが正式にオープンしました。2019年4月、アマゾン雲科技アジア太平洋(香港)エリアが正式にオープンしました。これにより、中国はアマゾン雲科技の米国以外で唯一の3つの地域を持つ国となりました。

アマゾン雲科技は上海人工知能研究院と台北、深センのモノのインターネット実験室を設立しました。基礎研究と革新製品の研究開発を通して、中国のお客様にエネルギーを提供します。

中国の地域業務の発展を推進するため、アマゾン雲科技は五つの措置を重点的に打ち出しました。まず、中国に根を植え続け、投資を増やし、お客様により良いインフラを提供します。

第二に、環新網と西雲のデータと協力して、世界クラウドサービスと機能の中国エリアでの着地を加速させます。2020年には、アマゾン雲科技中国北京と寧夏エリアで400以上の新サービスと新機能が発売され、同35%増の2021年にも引き続き加速されます。

第三に、世界と現地の豊富なお客様の実践を融合させ、各業界の伝統企業が快速に雲を抱擁し、伝統産業の転換を促進します。深耕金融、製造、自動車、小売と電気商、医療と生命科学、メディア、教育、ゲーム、エネルギーと電力などの業界を助けます。海外のお客様の着地、中国現地のお客様の転換と革新を加速し、また現地の業界のアップグレードを加速します。

第四に、パートナーの業務能力と技術水準の向上を助け、中国のクラウド産業チェーンを豊富にし、向上させ、お客様により良いサービスを提供する。

第五に、「産学研」の三位一体を構築するクラウドコンピューティング人材育成システムであり、中国が未来のクラウドコンピューティング人材を育成することを助力する。アマゾン雲科技は世界で2020年に2025年までに2900万人に無料クラウド計算技術の訓練を提供すると正式に発表しました。中国も積極的にその中に参加します。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です