2021年10月25日

クルミ・プログラミング・シリーズcで2億ドルを調達:科学技術の研究開発に注力し、普遍的な教育を支援する

子供向けプログラミング教育業界のリーダーであるくるみプログラミングは3月25日、シリーズcで約2億ドルの資金調達を完了したと発表した。今回のラウンドはkkr、元敬キャピタル、全体創投が主導し、sourcecapitancy、華興新経済基金などが引き続き参加し、凡卓キャピタルが独占財務顧問を務めた。

クルミ・プログラミングの今回の資金調達は「オールイン教育科技」で、ai教育製品の建設、良質な教員の準備、教育研究システムなどの面で継続的な投資を行い、ユーザーの体験とサービスの品質を向上させていくという。それだけでなく,クルミ・プログラミングは,子供向けプログラミングのグラフィカルプログラム・ツール「nuts」を独自開発し,各種の子供向けプログラミング・コンテストに本格的にアクセスできるようにした。

クルミ・プログラミング創業者兼ceoの曽鵬軒氏は、「新旧のパートナーと共に、子供向けプログラミング業界の歴史的な突破を再び目撃できることを光栄に思います。設立1325日以来、クルミ・プログラミングは、テクノロジーによる大規模な教育を一貫して実施し、保護者から最も信頼される教育ブランドになることを目指しています。これからも教育初心を受け継ぎ、『オールイン教育テクノロジー』に全力を尽くし、一人一人の子どもが学びやすく、学びやすく、質の高い教育が手に入るようにしていきたいと思います」と述べています。

設立以来、クルミ・プログラミングは業界とユーザーの双方から支持を得続けている。今回のラウンドに先立って、くるみプログラミングは5000万ドルのシリーズb資金をhuachingnew economicfundとduocean capitalがリードし、2019年の青少年教育業界のシリーズb資金調達記録を更新した。一方、クルミ・プログラミングは「不可逆的」な体験体験を生み出し、受講生の自発的な授業の割合は85%、受講終了率は98%に達し、業界の生命線の指標である受講生の復数購入が先行業界の平均レベルを率いるともいわれるほど、急速な成長を常常化させています。2021年3月の時点で、クルミ・プログラミングの有料受講者数は320万人を突破し、子ども向けプログラミング教育機関としては最大規模とされており、子ども向けプログラミング業界では初めて黒字化を達成しました。ali社の2021年の最新調査結果によると、「オンラインでプログラミングを学んだ子どもの10人に7人がクルミでプログラミングをしている」とし、クルミプログラミングの中国小児プログラミング業界におけるシェアは70%近くに達すると推定している。また、前瞻産業研究院によると、2020年には小児プログラミング業界の市場規模は260億元に達すると予測している。

クルミ・プログラミングの共同創業者でctoの王宇宙飛行は、「私たちはaiが規模に合わせて教える唯一の方法だと確信しています。また、教培業界でaiマン・マシン・ダブルマスター教育モデルを開発し、学習者モデル、教育パラダイム、パーソナライズエンジンを構築することによって、大規模なパーソナライズ教育を実現しています」と述べています。データによると、クルミプログラムの受講者の学習行動操作の記録は295億件に達しています。その上で、クルミプログラミングは、自社開発のグラフィカルプログラミングツールnutsを発表しました。nutsは中国の子供向けにカスタマイズされたグラフィカルプログラムツールで、scratchからのコードは1行もない。ローディング速度、実行効率、拡張性などの面で大幅に向上しており、今後、各種の子供向けプログラミングコンテストに全面的にアクセスできるようになる。

クルミプログラミングは2017年8月に設立され、4 ~ 12歳のオンライン子供向けプログラミング教育サービスに力を入れている。科学技術によるプログラミング教育の促進に力を入れている。現在までに、クルミ・プログラミングは400人を超える教産研チームを構成しており、教員の拠点は済南、西安、武漢の3地域をカバーしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です