2021年10月25日

北京密雲区と承徳が地域を超えた「文旅+」協力を展開

承徳3月26日:26日、北京市密雲区文化観光局と河北省承徳市文物局文化観光発展戦略協力調印式が承徳で行われた。

北京密云区と河北省承徳市山水につながり、地縁、近い京沈高鉄の貫通する密云承徳と緊密に連結し、両文旅団資源が非常に豊富で、発展の展望は広い、両共同発展を深く推進を、優位を補完し、推進両文より速い経済発展の旅は、双方の交流協力に合意した。

旨「資源の共有や市場のインタラクティブ、優位を補完、共生発展」の原則によって、双方がビジネスの協力と交流を開始し、共同推進文旅団産業投資、文旅団企業協力を促進し、旅客の共有、人材教育訓練交流と協力、広報マーケティングや文化文芸展示など文化観光側が協力し、実現の助力両文化観光強力に発展。

北京市密雲区文化観光局は、当区の文化事業、文化産業、観光業の発展を統一的に調整し、当区の文芸事業を指導・管理し、文化財を科学的に保護する方策と措置を研究・制定・実施するなどの業務機能を担当している。河北省承徳市文物局は承徳市の範囲の文物保護の仕事を担当して、承徳市の世界文化遺産、5 aの景勝地、中心的な観光資源——承徳避暑山荘と周辺の寺院、景勝地の管理と運営の重要な机能を担っている。

今回双方合意の戦略的協力は、「十」のスタートの年両文旅団発展の実務を持って、借りて京哈高鉄(全区間が開通を契機に、多区域の「文旅+」を通じて協力モデルを形成する区域文旅団連盟、樹立区域観光ブランド、豊かな文化を作る製品を有効に格上げする連盟員単位、レジャー、文化など、ブランド力、避暑客に恵まれ両市民だけでなく、更に連盟区域の協力ウィンウィンの実現。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です