2021年12月2日

協力組織(GEIDCO):グローバルエネルギーインターネットプロジェクトは着地実施の新段階に入った。

北京3月26日ニュース世界エネルギーインターネット発展協力機構(GEIDCO、略称「協力組織」)の伍萱事務総長は26日、五年間の協力組織が積極的に国際エネルギープロジェクトの協力を推進し、219のクリーンエネルギー基地と110の多国籍環州ネットワークプロジェクトを選出し、中国と周辺国と「一帯一路」沿国電連携プロジェクトを推進してきたことを明らかにした。プロジェクトは事前に研究でき、中-メーン-孟インターネットプロジェクトは政府間の共同作業グループを設立するなど、全世界のエネルギーインターネットプロジェクトは着地して新たな段階を実施する。

協力機構は2016年3月29日に正式に設立され、中国で初めて設立されたエネルギー分野国際組織です。協力組織は「グローバルエネルギーインターネットの構築を推進し、クリーンとグリーンの方式で世界の電力需要を満足させる」という趣旨で、共同事業、共同建設、共有、ウィンウィンの国際協力プラットフォームを構築し、グローバルエネルギーインターネットのイノベーション発展を牽引する。

共同組織は26日に記者会見を行い、設立5年間の発展状況を紹介し、最近発表された炭素達峰、炭素中和などの研究成果を紹介しました。伍萱氏によると、五年来、協力組織は全世界に向けてエネルギーインターネット「中国イニシアティブ」を普及させ、50回余りの重要な国際会議と500回以上の宣伝活動を行いました。関連会議は「一帯一路」サミット、中国非協力フォーラム、国連成立75周年記念イベントなどの重要な議題に組み入れられました。世界に向けて50以上の革新的な成果を発表し、政府、企業、学術界、社会公衆の中での影響力が急速に高まっている。

協力組織の程志強副秘書長によると、現在協力組織は全世界に7つの地域事務室と65の国家代表処を設立しており、この基礎の上で、さらにアフリカ、西アジア-北アフリカ、ヨーロッパ、中南アメリカ州など4つの地域委員会とアラブ首長国連邦、サウジアラビア、パキスタン、エチオピア、ロシア、ポルトガル、ブラジル、メキシコ、アルゼンチンを建設しています。などの11の国家委員会は、世界的なアーキテクチャがほぼ完成した。国際会員の比率は50%を超え、世界500強企業は28社に達し、エネルギー、電力、情報、金融、科学技術、気象、環境保護など多くの分野をカバーしています。

程志強によると、設立以来、関係国政府、国際組織、企業、機関、大学と協力を深め、累計48件の協力協定を締結し、すでに世界中に分布している「友達圏」を初歩的に形成した。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です