2021年6月14日

南昌は緊急に不動産市場の新政を停止させます。建築部に不動産市場の重点監視リストに入れられます。

「不動産を炒めない」という背景の下で、不動産の新政文書を撤回するように要求され、直ちに是正する。

住建部は南昌を不動産市場の重点監視リストに組み入れた。

3月24日、南昌市人民政府弁公室は「全市の工業経済総量を拡大する若干の政策措置」(以下「若干の政策措置」という)など5つの業界通知を発行しました。その中で、「全市の不動産市場の安定と健康発展を促進する若干の政策措置」は、宅地供給、住宅購入政策、人材住宅サポート、住宅販売の価格制限制度、商品室の事前購入に対して売却資金の監督管理など9つの面で調整した。本来の実施期間は4月20日から2023年12月31日までです。

しかし、この政策の中には、安定した地価、安定した住宅価格、安定した予想に合致しない条項があります。3月25日、江西省は直ちに措置を取って、省政府は同志を代表して省政府を代表して主に同志に相談しました。南昌市政府は主に同志を担当しています。

同日、住宅と都市農村建設部(以下「住建部」という)と江西省政府はビデオ会議を通じて協議を行い、江西省と南昌市に確実に政治地位を向上させ、家をしっかりと把握することは、炒めるための場所ではなく、不動産を短期的に経済を刺激する手段としない。目標を安定させ、大都市の住宅問題の解決に努める。

同時に、住建部は南昌市を不動産市場監視重点都市リストに入れ、南昌市の不動産市場に対する監督管理を強化しました。聞くところによると、住建部は即日南昌市に監督チームを派遣しました。

これまでの上海、深セン、杭州、無錫、成都、西安を加え、2021年には、住建部が7都市の不動産市場に対するコントロールを監督してきました。

大南昌都市の住宅購入権は何ですか?

「若干の政策措置」に基づき、南昌は「大南昌都市圏住宅購入同権」を開始し、住宅購入の資源の流通を促進する。

この新政はまだ住宅価格と地価のレベルで、不動産市場を緩める。その中には、「住宅価格制限、競地価」の単一土地譲渡方式を変更し、重点的に地域を発展させたり、住宅価格、地価地価地塊を譲渡しないようにしたり、新規住宅の前売条件を一時的に緩和した場合、その前売資金の監督比率は従来の50%、60%からそれぞれ20%、30%などに調整されます。

58安居客不動産研究院の張波院長は第一財経に対して、南昌が今回発表した九条新政のほとんどは市場に対する秩序ある調整であり、人材の導入に有利であると分析しました。しかし、新政では、住宅価格と地価の一部について、「三安定」の要求と乖離していることや、この政策が緊急に取り下げられた主な原因にも注目すべきである。

彼はまた、「都市圏の住宅購入同権」の提案により、非居住者は納税または社会保障証明によって現地の住宅購入政策に従って住宅を購入することができ、南昌の実際の購買力を大幅に増加させ、不動産の安定に不利で、不動産投機などの現象が発生すると考えています。

いわゆる「大南昌都市圏住宅購入同権」とは、具体的には大南昌都市圏の中南昌市、九江市、撫州市の臨川区、東郷区、宜春市の豊城市、樟樹市、高安市と靖安県、奉新県、上饒市の興隆県、余乾県、万年県などの戸籍住民が互いに地元の戸籍を享受するための住宅購入政策である。市内などで納付された個人所得税または社会保険(都市部社会保険)は互いに当地の納付証明書を証明し、非居住者は納税または社会保障証明書を持って現地の住宅購入政策に従って住宅を購入することができる。

広東住宅政策研究センターの首席研究員の李宇嘉さんは第一財経について、この政策は都市圏の計画、外郭定住政策の緩和と人材政策の方式を通じて、地底不動産市場を変えて、さらには不動産市場を刺激すると言いました。実行すれば、向市場と社会が不良信号を伝達し、南昌周辺人口の増加と南昌への住宅購入の需要を加速する。これは明らかに「不動産を短期的な景気刺激の手段としない」と違反しています。彼は言った。

なぜ市に依頼しますか?

なぜ“底の不動産を作ります”を要しますか?李宇嘉はさらに説明して、去年から、南昌の不動産市は比較的に弱くて、新しい部屋、中古の部屋の成約量は明らかに下がります。出来高から見ると、新築住宅については、易居研究院の関連データによると、昨年1~11月に全国40城の新築商品住宅の成約面積が前年同期比で増加した中、南昌新房の成約量は同27%減の40城の末位となりました。このうち、総出来高は19037セットで、前年比24.5%の大幅減となりました。

2021年に入っても、南昌の不動産市場は依然として低迷しています。国家統計局のデータによると、2月、南昌新房と中古住宅の平均価格は全国平均より低いです。このうち、新築住宅の価格は南昌の2月の前月比0.1%上昇し、上昇幅は前月より0.2%下落しました。中古住宅の価格では南昌は珍しくマイナス値が現れ、2月は前月比0.1%下落し、上昇幅は前月より0.6%下落しました。

潜在的な住宅購入の需要を増やすため、すでに撤収された「若干の政策措置」では、「都市圏の住宅購入同権」を実施すると発表しました。易居研究院智庫中心主任の厳躍進分析によると、南昌大都市圏を開放すれば、より多くの都市圏の住民が南昌に誘致され、南昌の不動産市場が最大の受益者になるという。データによると、2018年までに大南昌都市圏の戸籍人口は約1886万人で、そのうち、南昌を含まない戸籍人口は1354万人です。また、既存の政策により、大南昌市城内の非戸籍人口に対しては、社会保障年限の相互承認も実施している。これは、都市圏を開放すれば、南昌市の潜在的な住宅購入者数が大幅に上昇するという意味です。

彼はまた、南昌の「強省会」の目的と密接に関連していると考えています。「大南昌都市圏発展計画(2019-2025)」によると、南昌の経済総量はより小さく、南昌市は全省に対する牽引作用が不足している。地域内部の融合は補完的ではない。

しかし、否定できないのは、この政策は地元の不動産企業や仲介業者を宣伝させ、南昌の不動産市場の異常な上昇を招く可能性があるということです。この政策が緊急に取り下げられたのも無理はない」と述べました。猛進して話す。

李宇嘉氏は、都市圏の計画を借りて不動産市場を刺激し、この二年間、多くの試みがあったと考えています。例えば、2020年末には広州周辺の7つの区の最新の定住政策、南京周辺の4つの区の定住新政など、多かれ少なかれ似たような意味があります。以前は、疫病の間、地方の不動産市場は比較的安定していました。これらの政策が採択されます。現在、各地の不動産市場が広く緊縮され、かつ絶えずにコードコントロールが行われていることを背景に、さらに都市が不動産市場の規制緩和の信号を出して、比較的明確な政策を打ち出した時には、必ず規制層に呼び止められます。彼は言った。

最近の不動産市場のコントロールの傾向について、李宇嘉は、先日の成都、西安、南昌の政策から見て、コントロールの決心は明らかに増大していますと思っています。これは、当面の不動産市場のコントロール政策が去年の下半期よりもっと厳しいという意味です。

作者:呉斯旻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です