2022年1月28日

吉林空港の新空港は国内線網を密に編み上げ、航空・鉄道の連携輸送を本格的に試験的に実施する

長春3月26日吉林空港集団は26日、間もなく開かれる夏の航空シーズンは、重点的に中国国内市場に立脚して航空網を密に編制し、長春空港の航空鉄の共同輸送の新製品を同時にラインアップすると発表した。国際線は最近、韓国のソウルにのみ週1便ずつ就航している。

同日、吉林空港集団は長春で2021年夏航空シーズン推進会議を開催した。新シーズンには、長春空港には32の航空部門が運営される予定で、旅客・貨物路線118路線、就航中・外航拠点66ヶ所を開設する予定で、前年同期には柳州、常州、南通、イ坊、オルドスなどの拠点が新たに開設される。

吉林空港グループ経営管理部航空市場開発マネージャーの王欣さんによると、新シーズンには、長春空港の一日の航空便量が10便以上の高級エクスプレスラインが8本あり、それぞれ上海、北京、広州、深セン、成都、杭州、南京、青島;1日7便以上の快線が4本あり、長沙、三亜、海口、済南です。

新航シーズンに合わせてオンラインになったのは、長春空港の空鉄を連携して輸送する「一枚払い」の新製品もある。王欣氏によると、旅客は鉄道と東方航空のモバイルアプリを通じて、同じプラットフォームで2つの交通手段を組み合わせた全行程チケット購入機能を実現できる。

具体的には、旅行計画と組み合わせることで、長春空港や上海虹橋、浦東空港を空鉄連絡輸送のハブとすることができ、スマホのアプリを使ってフライトや列車の時間帯をスマートにマッチングしたり、カスタマイズしたりすることで、一括支払いを完了することができる。

空鉄連運プロジェクトは、中国国家鉄道集団有限公司と東方航空が2020年8月に正式に始動した。長春空港の空鉄連運「ワンストップ支払い」製品は、プロジェクトの第2次プロモーション都市に含まれ、東北地方で唯一のパイロット空港でもある。

東方航空公司長春営業部の馬榕鞠総経理によると、夏の航空シーズンはすでに良いスタートを切ることができ、予約チケットは2020年の同期間に比べて20%増加し、「1件の支払い」もより便利で人間的なサービスに対する旅行客のニーズを満たすことができる。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。