2021年9月21日

報告書は都市と農村に「デジタルギャップ」がある専門家が「新IT」の知恵を求めて農村に行くことを指します。

北京3月26日電題:都市と農村に「デジタルギャップ」が存在する専門家が「新IT」の知恵を求めて農村に行くことを報告します。

精進料理

携帯電話を手放さない「頭を下げる族」になる村民が増えている。中国社会科学院情報化研究センターからの報告で、携帯を上手に使うのはデジタルリテラシーの合格とは限らないと指摘されている。

都市と農村の間の「デジタルギャップ」

課題チームは、中国の都市部住民のデジタルリテラシーの現状について調査し、「農村振興戦略の背景における中国農村デジタルリテラシー調査分析報告」(以下、「報告」という)を近日発表した。結果によると、現在の中国の都市と農村住民の数字の素養はまちまちで、平均得点は43.6点(100点満点)だった。

さらに気がかりなのは、「デジタルリテラシーの都市と農村の発展のアンバランスが非常に際立っている」ということです。報告によると、都市住民の平均得点は56.3%で、農村住民の平均得点は35.1%で、農村住民は都市住民の平均得点より37.5%低い。

都市と農村は基本的に「同速度」を実現しており、スマートフォンや多くのレジャー・娯楽の応用も農村地域で広く普及されている。

課題グループの説明によれば、デジタルリテラシーは、雇用、起業、および安全かつ合理的にデジタル技術、ツールを使用し、価値を創造するための意識と能力と理解できる。パソコン(PC)に代表されるデジタル化生産力ツールの応用レベルでは、農村住民と農民職業集団の意識と素養が深刻で不足し、デジタル化ツールを利用して増収する能力は平均水準をはるかに下回っている。

また、社会科学院が2019年に発表した報告によると、中国のPCの浸透率は約20%で、先進国のPCの浸透率は70%ぐらいに達しています。

村おこしの「フィギュアキャッチャー」

今年は貧困脱却の成果を強固に開拓し、農村振興と効果的につながり始めた年である。中国社会科学院情報化研究センターの姜奇平主任は、「報告」は農村のデジタル化の転換痛点を観察し、デジタル科学技術の農村振興を推進する手掛かりを探すための視角を提供したと明かした。

彼のビューでは、農村のデジタル化の転換は、2つの大きな痛みを示しています。一つは前述のデジタルリテラシーです。報告書によると、農民の数字時代に対する適応力が強くなり、農民がデジタル化を利用して問題を解決し、収入を創造する意識と能力が向上し、多くの農民は数字時代に「チャンスがあって、捕まえられない。条件があって、使えない」という問題が解決され、まさにデジタル科学技術が人間に与えられていることが実現されたという。

第二に、「新IT」のインフラは広い農村地域ではまだ普及されていません。

レノボ会長兼CEOの楊元慶氏は、ITは従来のInformation Technologyではなく、Intelligent Trans formationであると説明した。彼は「新IT」を「端(知能物のインターネット端末)ー辺(エッジ計算)ー雲(雲計算)─網(5 G)ー智(業界知能)」の技術構造に基づいて各業種を形成し、知能化の変革を実現するために必要な技術、サービスと解決案と称している。

報告書は、基礎施設の建設が脆弱な地域をより重視し、農村地域でデジタル科学技術と業種、栽培業、牧畜業、水産業、林業、農産物加工業などの深い融合をさらに促進することを提案しています。

「新IT」を田畑に沈める

「報告書」にはデジタル化によって農村経済を振興させる典型的な事例が挙げられています。その中に梁家河アップル産業が作り上げた完全な知恵農業解決案を連想するものがあります。この方案は農事生産、農資管理、販売ルート、注文マッチングなどの動態データとリンゴ栽培、生産などのデータを効果的に統合し、当地のアップル産業に対する総合的なサービスと統一的な監督管理を実現する。

四アップル農業科技公司によると、解決案が着地した後、2016年に28戸契約し、アップルの栽培面積を約300ムー管理し、今まで1700戸余りの規模、生産額1.7億元以上を実現し、当地の千軒近くの農家のためにアップルの販路問題を解決し、数百人の適農職位を提供した。

姜奇平は「新IT」を田畑に沈下し、「体系先行、方案優先、サービス主、製品は補佐」と述べ、実質的にはC 2 Bのモードで「新IT」を農業と農村振興のために形成することができるという。このような考え方とモデルは、企業界の科学技術を探求して農新方式を助けることに対して高い参考価値があります。

農村市場に対してPC価格の優待を与え、郷鎮サービスネットワークを完備させ、農村ユーザーにパソコンのクリーンサービスを無料で提供する。連想も「デジタルギャップ」を乗り越えて、すでに建てられた知恵農業生態システムに基づいて、資金、技術、人材などの要素を引き続き促進し、農村、農業に集約すると表明しました。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です