2021年6月14日

工信部:2021年末にはギガファイバーネットワークが2億世帯をカバーする能力を備えています。

CCTV網によると、工業・情報化部のウェブサイトによると、工業・情報化部は24日、「二千兆」ネットワーク協同発展行動計画(2021-2023年)」(以下、「計画」という)を印刷配布した。「計画」によると、3年間をかけて、都市部と条件付き郷鎮を全面的にカバーする「二千兆円」ネットワークインフラを基本的に建設し、固定とモバイルネットワークが一般的に「千兆世帯」の能力を備えていることを実現する。ギガネットと5 Gユーザーは発展を加速し、ユーザー体験は持続的に向上している。現実/仮想現実(AR/VR)、超高精細動画などの高帯域幅アプリケーションを強化し、さらに生産生活に溶け込み、典型的な業界のギガアプリケーションモデルがモデルとなっている。ギガネットと5 Gの核心技術の研究開発と産業競争力は国際先進水準を維持し、産業チェーンの現代化レベルは着実に向上しています。「二千兆円」のネットセキュリティ保障能力が著しく増強された。

「計画」に言及された主な目標は、2021年末までに、ギガバイト光ファイバネットワークが2億世帯の家庭をカバーする能力を備え、メガパッシブ光ネットワーク(10 G-PON)及び以上のポートの規模が500万個を超え、ギガバイトブロードバンドユーザーが1000万戸を突破した。5 Gネットワークは基本的に県レベルで、一部の重点郷鎮でカバーされる。新たに5 Gの基地局が60万個を超え、20以上のギガ都市が建設された。

2023年末までに、ギガ光ファイバーネットワークは4億世帯の家庭をカバーする能力を備え、10 G-PON及び以上のポートの規模は1000万個を超え、ギガブロードバンドのユーザーは3000万戸を突破した。5 Gネットワークは基本的に郷鎮級以上の区域と重点行政村のカバーを実現し、「百元」の目標を実現する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です