2021年10月23日

工商銀行の2020年の純利益は3177億元で、本延利貸付けのリスクは秩序よく釈放されます。

北京は3月26日、中国の資産規模が最大の銀行である中国工商銀行は26日、年間業績発表会を開催し、2020年に純利益3177億元(人民元、以下同)を実現し、同期比1.4%増となり、昨年末までにグループ総資産は33兆元を突破したと発表した。

この日披露された情報によると、2020年末までに、工商銀行の不良債権率は1.58%で、穏健な区間を維持している。延滞貸付率、注目貸付率ともに減少した。期限を過ぎて貸付金と不良貸付の切り欠きは初めて年度マイナスを実現しました。カバー率を180.68%調整します。また、工商銀行は不良資産の処理を加速し、年間売上高は不良債権の処理2176億元で、前年より289億元増加した。

サービス実体経済については、中国工商銀行の廖林新総裁によると、2020年にこの銀行は総合的に多種の措置をとり、累計で実体経済に1000億元以上の利益を譲る。昨年の減額譲渡は全行の経営に一定の影響を与えたが、工商銀行は構造調整、構造最適化、精密化管理などの方式を通じて、コスト収入比がさらに低下し、経営効果の基本盤が全体的に安定していることを実現した。

昨年以来、普恵型のマイクロローンの返済延期が資産の質に与える影響について、中国工商銀行の王景武副総裁は「ストレスは客観的に存在するが、影響は抑制できる」と明言した。彼は、中国経済の強い成長予想の下で、国内企業の生産経営は回復を加速させ、疫病による臨時的な資金回転の困難が緩和され、銀行が関連の延本延利ローンのリスクを解消するのに役立つと述べました。

また、2020年工商銀行はすでにいくつかの実質的なリスクがある延本延利貸付金を前倒しして消化しました。今年の継続のために、延本延利貸付リスクを秩序よく釈放し、資産の品質に対する滑らかな影響は緩衝区間を十分に残しました。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です