2021年12月2日

河北石家庄空港は復航しました。清明メーデーの休日の航空券の販売が盛んです。

3月26日早朝、河北石家庄正定国際空港の公式微博は「石家荘空港の運行が整然としており、飛行機の発着が正常である」と発表し、石家荘空港が正式に旅客輸送便を回復することを示した。これに先立ち、発生の影響で石家庄空港は1月初めから旅客便を見合わせました。

復航当日、複数の航空会社が石家荘を飛行して全国各地を行き来する複数の路線を保有した。このうち、春秋航空は石家庄飛厦門、杭州、長春、南寧、合肥、北海、塩城、福州など16個の入港便を実行し、1500人余りに達しました。今年は清明、メーデーの連休効果が顕著で、観光客の旅行が盛んで、3月26日まではメーデーまでまだ1ヶ月以上の時間がありますが、春秋航空会社の一家だけで、メーデーの航空券の予約量は2020年と比べて40倍も高くなり、疫病前の2019年にも30%も高くなり、売れ行きが好調です。

搭乗する旅客は核酸検査報告書が必要なくて、健康の緑の符号を持って、温度測定は正常で、マスクをつけてターミナルに入ることができます。空港バスは正常に運行されています。WeChat公式アカウントの「空鉄快速線」を検索して切符を買うことができます。

(総台郭暁平)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です