2021年12月2日

海南省建省は南中国海に押し寄せる

日、海南自由貿易港建設プロジェクトは2021年度第2陣の集中行事がオーディションで同時着工。「十」のスタートの年、海南省が推進に拍車を全面的に深まって改革開放と中国の特色を自由貿易港建設、ひとりひとり投資事業、一项项密集着地定着し、一つの新しい海南にが露になった。

己うさんくさい33年前のあの春、海南省班経済特区を建てめくった海南開放、大発展の幕を。以来、一閉鎖立ち遅れた边陲の島、一躍韓国の改革開放の窓口と前進した。

眼下の開放全般め

「い信号」からの後進海島、国内外の有名国際観光島に発展し、海南省で33年実践书「驚世界が殊」の特区の物語。33年前、中国共産党の海南省委員会、海南省政府は人民の海に出合える区の海府路59号発足。今日、上のはそこに立って、海府の帰り道とともに独特の风景になる。

小平は1987年6月12日、外賓会見で、「我々がやっている一つの大きな特区、海南島の経済特区だ。」これまで话して初めて世間に海南大特区建設の壮大な戦略だ。

1987年9月26日、中国共産党中央・国務院の発表の『海南省と設立作業を構築に関する通知』。加速する海南の開発のために、国務省の提案の海南を割った広東省から、海南省に設立された。1988年4月13日、七回全人代高票1回会議を通じて「海南省設置の決定について」「海南経済特区を決議について」、表示海南省と海南経済特区の公式の誕生し、全国最大の経済特区で祖国の南海上に浮上。

1988年4月26日、原中共海南区委員会、海南区人民政府玄関赤信号高かかって、自分を翻して、いそいそ。人々が四方から来て、ここで行われた中国共産党の海南省委員会への参加、海南省人民政府くわえる牌掲揚式。その後、中国海南最年少になった一省。

惟改革革新者勝

海南省班経済特区を建て、改革開放は韓国の大潮の一回の発想だ。その时、海南は経済総量は全国の借金が先進経済小省の1%には及ばない。他の4都市型経済特区と違って、海南、広大な农村の基盤が脆弱で、経済をリード。なければこの一都市地域の急速な経済成長、急速に発展し、困難な挑戦と考へられる。

改革開放となるべし、ちょうどいい全国最大の経済特区を建て、ただ改革。かつてのたくさん、海南省行政学院院長廖逊原に深くは「当時、いくつかのすばらしいスローガンを一つは『先立ルール後仕事』、つまり法;もう一つは『门番のチケット販売の減少、掃除の』が増え、今日だったらの话では『型政府』;もうひとつ、『官僚の手に権力を振りかざす』を持って、官僚の手に批准は少ないほどいい、透明なほどいい、きれいなほどいい。」

1988年に社会主義市場経済体制を構築;省機構の改革に先駆けて、1988年に実験をしきりに管県体制を実施し、「小さな政府、大きな社会」を探索管理アーキテクチャ;、1991年に先に実施し、食糧売買同价改革推進全所有制企業持分型モデルを全面的に推進する企業持分型の改革……全国最大の経済特区として、経済特区の唯一の省、海南省即し省情、深化改革の歩み瞬間を止めなかった。

「海南省30年の成就を建て、改革開放のおかげ。」中国の海南()迟福林改革発展研究院長が言った。

牢人材基盤を固める

人材が集まり、海島興。建省班経済特区の初めであれ、今日自由貿易港建設、人材の基礎が重要だ。

1987年、海南省班が経済特区のニュースを建て、そのゆとりの環境政策を引き付けて全国各地の「バーディ・クィーン海人」、「10万の人材が海峡」の大潮を形成した。一票难求琼州海峡の海、各招待所ごとに、「早く海人」になったこともいろいろ渡海南女房人の代名詞となった。

海海秀博爱路、海府と路の交差位置を三角池、は「バーディ・クィーン海人」と海南に到着してから集まったところ、海南に初めて来た若者の多くはここに交信が好き。同じ熱かったあとは三角池から遠くないのトンホ「人材の壁」。当時、多くの人」「バーディ・クィーン海と人単位が习惯のイーストレイク共通と採用表を贴って、付近の家屋の外壁には1ヵ所にすぎは人々の目の「人材の壁」となった。三角池と「人材の壁」はすでに、変わった姿がよく、そして「バーディ・クィーン海人」はこれまでの思い出にふける。

「あのときは、各種の方言の海港の街でとりとめも闻こえてきます。不慣れな颜、なじみの停车场に特別親しみを感じ、千里の故郷から遥にもかかわらず、独りぼっち、しかし心は孤独を感じる。」回想建省初期の人材を热し、同年の人」「バーディ・クィーン海楽氷興奮した顔で「海南の成长に伴って、私も成長」。

現在、海南省が定住規制を全面的に解除して以来、定住が再び潮流となっている。データによると、今年の春節後の2月18日から3月11日まで、省外戸籍が海南省に転入した人数は8118人で、前年同期比148.64%増加した。人材を引きつけ、つなぎとめ、活用するために

優秀な人材、海南省は「百万人の人材が海南省に入る行動計画」を実施した。2018年4月13日から2020年末までに、海南省は計20万8000人の人材を導入した。

海南省人材開発庁副局長夏琛舸、「海南より積極的に実施、開放、有効な人材政策を導入して「輪駆動」を育成を育してベストを支える。瓊島に集まったこれらの英才たちは、新時代に勢いをつけて跳躍する海南省のためにしっかりした人材基盤を築いている。

本紙は潘世鵬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です