2021年9月21日

知能製造時代の労働者は技能転換の連想に直面し、「紫襟」の育成プロジェクトをスタートさせる。

北京は3月26日、中国の製造業のデジタル化、インテリジェント化の転換が労働者の技能に対して新たな要求を提出しました。連想して“紫の襟の工事”をスタートさせて、協力して協力して知能の製作の人材を建てて生態を育成します。

「紫領」の人材は知能製造の要求に符合しており、実際の製造プロセスを熟知しており、相応の技術理論を理解しており、操作能力と管理革新能力を兼ね備えた複合型の人材である。

25日に開催された「新IT、新人材」発展フォーラム及び連想「紫襟プロジェクト」の始動式において、中国電子情報産業発展研究院の賽迪顧問知能製造研究センターの張龍総経理が紹介した。その後の疫病の時代、中国の製造業はさらに高付加価値分野への移行を強調し、これは製造業のデジタル化と知能化に対して新たな要求を提出した。製造業従事者に対しても、より高い要求をしています。

「紫襟工程」は集団内部の連想教育、連想供与チェーン、連想公益基金会などの部門と連携し、大学と専門学校を連携し、知能製造人材育成生態圏を共同で構築する。

今の段階では、毎年この研修プロジェクトの受益者数は万人以上である。連想計画は未来に積極的に総括し、自身が「紫領」の人材を育成するモデルと方法論を抽出し、各業種に「紫領」の人材を育成し、輸送し、各方面の力に協力して中国の製造業の人材技能水準の全体的な向上を促進する。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です