2021年12月3日

社会科学院の報告:第一線の都市は住宅価格のリレーが上昇していません。

北京3月26日ニュース社会科学院金融戦略研究院住宅ビッグデータプロジェクトグループは26日、2021年3月の「中国住宅ビッグデータ分析報告」を発表した。2月には、第一線の都市の総合住宅価格は1.2%上昇し、第二線と第四線の都市よりも高いが、当月の北京の住宅価格は0.67%上昇し、住宅価格は安定しており、一部の分析機関が予想する中の第一線都市リレーの大きな現象が現れていない。

昨年末以来、深セン、上海の中古住宅価格が真っ先に上昇し、第一線の都市の住宅価格の上昇を牽引してきた。あるアナリストは、深センの「値上げ」が上海を牽引し、北京と広州の住宅価格の上昇サイクルは2015年~2018年の前の不動産市場の普遍的な上昇の始まりだと考えています。去年の年末以来の局部の不動産市場の上昇はこれと似ていますが、新しい各線の都市の住宅価格の回転式の上昇がもうすぐ始まりますか?

今回の報告によると、全体としては、2月に都市レベルが高いほど、住宅価格の上昇速度が比較的速い。第一線の都市の総合住宅価格は前月比1.2%上昇し、第二線都市の総合住宅価格は前月比0.8%上昇し、上昇速度は比較的速い;第三四線都市の総合住宅価格は前月比0.4%上昇し、上昇速度は比較的低い。当月の北京の住宅価格は比較的安定しており、かつての環京不動産の「スターシティ」の廊坊では、住宅価格は前月比1.25%下落し、サンプル第4位となりました。第一線の都市リレーが急騰する状況は現れていない。

それ以外に、報告は指摘して、3、4線の都市の住宅価格の上昇と下落の分化はわりに大きいです。2月の環比の上昇幅の前の3位の塩城、宿遷、桂林はすべて3,4線の都市です。2月の環比の下げ幅の前の3位の邢台、北海、邯鄲も3,4線の都市です。

報告では、第一線の都市及びホットスポット第二線都市の不動産市場が強力に調整されたため、第一線の都市及びホットスポット第二線都市の住宅価格の上昇幅は減少したが、上昇範囲は依然として拡大する可能性があると予測している。第二線都市の中の非ホットスポットエリアと周辺地域の住宅価格の上昇を避けるために、事前に対策を講じる必要がある。三四線都市の下落分化はまだ続いています。

また、この報告書は、去年の住宅価格と家賃が乖離する状況が変化したと指摘しています。2021年2月、コア都市の総合家賃は前月比1.64%上昇し、前月より0.68%上昇し、3カ月連続で家賃が上昇した。家賃と部屋代は全部上がりました。

緯房研究院の首席専門家で、中国社会科学院の財政経済戦略研究院の住宅大データプロジェクトリーダーの鄒琳華氏は、賃貸市場が3年ぶりに再び上昇し、注目すべき重要な信号であると考えている。住宅価格の高騰を背景に、家賃が持続的に上昇すれば、民生への打撃はさらに大きい。今後は賃貸市場の秩序をさらに規範化させ、リース性住宅保障システムを完備させ、貯蓄量の空いている住宅を賃貸市場に参入させるよう誘導し、不活動の商業用不動産を生活させて住宅賃貸などに用いる必要がある。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です