2021年10月25日

第二回熱帯果物産業博覧会三亜で開催

三亜3月26日2021第2回熱帯果物産業博覧会並びに三亜マンゴー産業大会が26日三亜で開幕した。として2021年に年以来、国内初の専攻の熱帯果物展、主催側が博覧会期間を熱帯果物が含まれ、果物品目首脳フォーラムや出荷を中継し、ディーラー産地の一周行など、多様な活動を行っている。全国熱帯果物主产区ようが、百色、徐聞県、元県など関連の統合市の政府代表や果物企業および業協会招請出席。

3月は海南のマンゴー、蓮雾、メロン、パイナップル、百香果など果物上場期、これらの熱帯果物は海南省の優位を産業は、現在、海南マンゴーを形成し、パイナップル、ライチとメロンの優勢地域生産の分布、果物を生産量が年々増え、果物のブランド効果を高めている。

イベントの開催地三亜では、熱帯の果物産業は三亜の熱帯の特性の効率的な農業の重要な部分となっている。現在、三亜規模の栽培面積を形成し、農産物ブランドの発展の条件を備えている主要品目は、マンゴー、メロン、蓮の雾など、優先し、国の地理的表示農産物ブランドとして認められた。

吴海峰三亜市副市長を紹介し、歴代の展示プラットフォームなどに支えられ、三亜マンゴーを国際的な影響力を高め、「三亜マンゴー」2019中国団区域共用のブランド価値ランキングで、ブランド価値が30.82おく元だった。

今回の博覧会には中国果実品流通協会(以下「中果協」)の加盟も注目されている。中国の果物流通産業端近く従事者の3分の1の代表的ライブチャットに集まる。中果協は同期間、協会の第6回5回理事総会、中果協竜頭企業連盟2021第1四半期定例会などを開催する予定だ。中国流通産業協会のマンゴー分会も団は三亜の設立、ビューとマンゴーをこの品目は、国内の区域内の良性の協力を形成する。

海南果物産業の発展を促進するため、博覧会の開幕式で、初期の規模は1おく億ウォンの募金」「万果永颐産業ファンドが成立する。绍介によると、この基金は、資金が注入し、資源賦ライブチャットを助け、海南の果物は企業の北朝鮮専門化、市場やブランド化方向。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です