2021年10月25日

証監会は行政処罰委員会の組織規則を改訂し、「審査分離」体制を最適化する。

証監会は行政処罰委員会の組織規則を改訂する。

関連主体の職責を明確にし、「査審分離」体制を最適化する。

(2021-03-26)原稿の出所:法治日報法治政府

□本紙ウイフィ綿

「制度の構築、不介入、ゼロ容認」の指導方針に基づき、証券法及び改正後の行政処罰法に基づき、証券監督会は近く改正後の「行政処罰委員会組織規則」(以下、「組織規則」という)を公布し、2008年に公布された「行政処罰委員会構成弁法」(以下、旧規という)に取って代わる。「組織規則」は旧規定に比べて名称が異なるだけでなく、内容も非常に豊富であり、処罰委員会の職責の位置づけを明確にするとともに、新たに委員会及び正副主任委員などの職責が追加された。

「組織規則」の改正は、「制度の構築」であり、証券監督管理部門として監督職権を行使し、証券の違法行為を処罰する行為準則でもある。複数の専門家にインタビューして詳細に解読した。

処罰の仕事は行政長官が責任を負う。

「組織規則」第二条は行政処罰業務を行政長官が担当する基本原則を明確にしている。その中で、「中国証監会は行政処罰委員会を設立し、規定に従って受け取った案件に対して専門的な審理意見を提出し、行政処罰決定に対して法制審査を行い、中国証監会が行政処罰決定を下す。行政処罰委員会は主任委員1人、副主任委員及び委員数人を設置する。行政処罰委員会主任委員は中国証券監会の関係責任者が担当する。

この規定は同時に行政処罰委員会の職責の位置づけを明確にし、事件の審理意見と行政処罰決定との関係を明確にし、主任委員が「主審・合議」の案件審理制度を担当することを明らかにした。

このような規定は、証券法の実体規定と行政処罰法の手続規定に由来する。中央財経大学法学院の郭華教授は、このように処罰決定を下したのは法律だけではなく、処罰決定の公開公平と公正を保障したと述べました。

その直接根拠は証券法第百六十九条の規定です。(九)法により証券の違法行為を調査・処分する。」証券弁護士の康家新氏によると、行政処罰法に関する根拠は同法の第五十七条の規定であり、即ち調査終了である。行政機関の責任者は調査結果を審査し、情状の軽重及び具体的な状況に基づき、処罰をしない、または司法機関に移管する決定をする。及び第五十八条の規定、即ち行政機関の責任者が処罰決定を下す前に、行政処罰の決定に従事する者が法制審査を行うべきである。法制審査や審査を経て通っていない場合、決定をしてはならない。

「組織規則」の登場は、現行の実践の中で効果的なやり方を吸収しました。

処罰委員会主任委員の職責を増加する。

中銀弁護士事務所の阮万錦は、「組織規則」は旧規定第九条を第十条に改め、「行政処罰委員会は下記の職責を履行する。(一)証券先物違法行為認定規則、量罰基準などを制定する。)法律に基づいて審理し、専門意見を提出する;(五)法律に基づいて事前告知及び聴取手順を履行する;(六)行政処罰と市場立ち入り禁止意見を立案する;(七)行政処罰決定に対して法制審査を行う;(八)必要な時に関連部門に提案書を提出する;(九)監督、指導、統括、調整、中国証券監会システムの行政処罰業務を調整する;(十)中国証券監会が規定するその他の職責「です」

その中で、(一)は内容を新たにするため、(三)は内容を新たにするための事前コミュニケーション職責があり、(四)、(五)、(七)項目、及び(十)項目のボトルネック条項は全部新規の内容である。

「組織規則」の規定により、行政処罰委員会事務室は証拠監督会に設置されています。処罰委員は主任委員と副主任委員と一般委員から構成される。調査によると、旧規定の原則と枠組みの下で、行政処罰委員会は兼職審理委員制度を確立し、送出機関、証券先物取引所及びその他の機関の専門人員を引きつけて事件の審理に参与させ、行政処罰業務を現場の監督管理部門の経験優勢と専門優勢に十分に借りることができる。

阮万錦氏は、従来の規則に比べて、「組織規則」は更に兼任委員と専任委員が同じ職務条件を適用することを明確にし、同じ職責を履行し、いずれも証券監督会に任命され、同時に委員の任期の規定(専任委員の任期は5年、兼職委員は毎回2年)を明確にしたと述べた。

主任委員の履職には、行政処罰事件の審理委員、決定委員の忌避事項、行政処罰委員会の他の重大事項等の職責を指定しなければならないほか、「会議を招集し、証拠監督会の首席弁護士と共に重大、難解、複雑な事件を研究する」という職責が追加されました。役員は行政処罰委員会の日常管理を担当し、事件が調査部門によって追加調査または返却されるかどうかを決定する」と述べた。

委員の履職においては、「法により事件を審理し、事件の事実、証拠、処理について審理意見を提出する。事件の合議、聴取、再審査に参加する。行政処罰委員会が手配するその他の仕事」のほかに、「事件の審理規則、基準などの制定に参与する」職責を新たに設け、旧規中の「適時に事件の審理、指導事務室の関連業務を完成する。人が作業を行う。

審理の手順を規範化し、巡回メカニズムを追加する。

郭華氏によると、旧規は三人の主審合議の審理手続きを定めており、実際には事件の状況に応じて差別化審理の手続きを適用する必要があるという。このため、「組織規則」では、一般案件は委員一人が主審し、委員二人が協議し、特別な場合は合議委員を増やすことができると規定されています。「合議委員を増やすことができる」が新たな内容となり、事件の審理を柔軟に進めるということです。「組織規則」は「違法事実が明確で、法律は明確な事件に基づいて、簡易手続を適用し、委員一人が単独で審理することができる」と明確にしている。同時に規定が新たに追加されました。案件の審理中に簡易手続が適用されるべきではないことが判明した場合、または当事者が聴取、弁明を要求した場合、通常の手続きに移行することができます。また、重大、難解、複雑な事件が必要な場合は、行政処罰委員会が集団で検討、研究することを明確にしている。

簡易手順と普通手順の間の転換は、柔軟性を体現するだけでなく、当事者の聴取と弁明を正視し、法により当事者の合法的権益を保障するとともに、審理資源を合理的に配置し、法律執行の効率を高める効果がある。

「組織規則」の大きなポイントは巡回審理の仕組みを明確にすることです。康氏は、「組織規則」に第四条「行政処罰委員会は巡回審理のメカニズムを確立し、委員を巡回審理の方式で業務を展開させるよう手配した」と述べ、ここ数年来、証監会の処罰業務の実践に由来している。

ここ数年来、行政処罰と取引所の第一線の監督管理との密接なつながりを強化するために、証監会行政処罰委員会は巡回審理のメカニズムを模索してきました。これは行政処罰の仕事効率を向上させ、当事者が弁明権を行使するのに積極的な役割を果たしました。やり方は規則によって決められます。

阮万錦氏によると、証券監督会は2002年に「中国証券監督管理委員会の行政処罰体制の一層の改善に関する通知」を発表し、率先して各省庁の中で「審査分離」制度を実施した。即ち事件調査は監査部門が担当し、審理は行政処罰委員が担当し、事件調査の効率を大幅に高め、事件審理の専門化を実現した。専門化と専門化。ここ二十年来、「検審分離」制度はすでに人々の心に深く浸透し、実践の中で絶えず深化してきました。

今回発表された「組織規則」は、さらに「査審分離」体制を最適化した。これは関連主体の職責の確定だけではなく、審理の段階でも各方面の責任を明確にし、仕事の流れに沿って、法律執行の効率を高め、本当に審理のプロセスの科学化と法治化を実現し、事件の審理の公平かつ公正な公開を十分に保障する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です