2021年12月2日

財政部、2021年の立法活動計画を発表

北京3月26日付の中国財政部が26日に発表した2021年の立法作業を配置し、2020年の立法作業状況。

財政部は今年、政府購入法(改正)、会計法(改正)、国有資産評価管理方法(改正)、国有金融資本管理条例の起草作業を完了し、速やかに国務院に報告することを目標にしている。

改正推進しながら、着実に公認会計士法()、財政の違法行為を処罰処分条例改正()、予算審査管理暫定方法、非政府調達入札調達方式を管理する方法(改正)、財務規則改正()、企業の財務行政単位通则(改正)、金融企業会計規則改正()と全国社会保障基金投資管理暫定方法(改正)などの項目の採択作業。人事権と財政支出に対する責任を分け、国有資産管理、財政、移転の支給などの分野で立法を研究。

2020年、財政部は多数の法律・行政法規の制定・改正を推進する。都市維持建設税法、契税法が成立し、2021年9月1日から施行される。増殖税法、消費税法、土地の増殖税法、関税法送审稿が国務省審議報告。印刷税法の審査稿は2021年1月4日国務院常務会議の審議を経て通過し、関連草案はすでに全国人民代表大会常務委員会の審議に提案された。预算法実施条例改正()、国務省令第729号に発表され、2020年10月1日から施行される。

多部、財政部は昨年制定・改正た部門の規制、参加の法律制定や改正多部、行政法規を含む長江保護法など、関連税制策定の条項に対して、建設、補完的な意見に、関連立法を推進作業に进む。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です