2022年1月28日

2021炭素都市産業サミットは内モンゴルで開催されます。

烏海は3月26日、「エネルギー需要の増加に伴い、中国はアジア太平洋地域第二の経済体として、非常に厳しい気候変動に直面している。私たちは産業構造の調整とエネルギー構造の調整を進め、人間の生産生活を低炭素、緑への転換を促進しなければならない。APEC持続可能エネルギーセンターのジュリー主任は26日、2021年の炭素都市産業サミットであいさつした。

この日、「エネルギー革命を推進し、ゼロ炭素都市を構築し、ゼロ炭素中国を支援する」というテーマの2021炭素都市産業サミットが内蒙古自治区烏海市で開催され、関連分野の専門家や学者らがゼロ炭素都市の建設を検討しました。

今回のサミットの主催者の一つとして、APEC持続可能エネルギーセンターはアジア太平洋経済協力機構のエネルギー協力分野の研究機関であり、長期にわたってエネルギーの低炭素転換と都市の持続可能な発展に力を入れ、アジア太平洋地域のエネルギーと地域発展を推進し、国家エネルギー局のAPEC地域のエネルギー国際戦略協力にも協力しているという。

ゼロ炭素都市建設の探索に対して、朱丽建筑は全体の炭素排出に比重がますます大きくなり、炭素排出の大家族は建築に依存しています。私たちは建築省エネを推進する必要があります。私達のゼロ炭素都市の人居生活空間を構築します。」

これに対して、国家住宅と都市農村建設部建築省エネルギーと科学技術司の韓愛興副司長は、家屋建築は省エネ・排出削減の主要分野として、20年来中国は絶えず建築効率基準を高めており、建築技術と基準は世界先進国のレベルに近いと述べました。

韓愛興氏によると、現在中国の省エネ建築面積は190億平方メートルを超え、緑色建築の発展が著しい。彼はまた、「実際の生活では、気候変動に対する認識と重視の度合いははるかに足りない。今回のフォーラムでは「ゼロ炭素」をテーマに検討を行い、皆さんの認識レベルと重視度をさらに高めていきます。」

また、ゲストは「低炭素都市建設の対策と提案」「ゼロ炭素都市解決策の探索と実践」などのテーマについて講演した。会議の開催地である烏海市も「烏海市ゼロ炭素エネルギー戦略協力協議」と「烏海市ゼロ炭素モデルコミュニティ戦略協力協議」を締結し、さらにゼロ炭素都市の建設を探求する。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。