2021年10月25日

A株の三大指数は集団で紡績服装株を高く開くのが依然として強いです。

3月26日の金曜日、A株の三大指数は集団で高く開かれて、紡績服装、半導体、製紙、医学美、家電のプレートが値上がりしました。アメリカの服は一直線に値上がりしています。海澜の家、森馬服などは値上がりしています。

  

取引開始時点で、上海は0.29%上昇し、3373.32ポイントを報告した。深くて0.54%上昇し、13493.36ポイントを報告した。創業板は0.64%上昇し、2672.91ポイントを報告した。

盤面では、農業総合、アパレル、水上運輸、電源設備、医療サービスなどのプレートが値上がりし、林業、漁業、採掘サービス、動物保健、宇宙装備などのプレートが下落した。コンセプト株は、昨日のパネル連続、昨日の上昇停止、BDDI指数、HIT電池、マイカー共有などの上昇幅が先行し、無人銀行、ハットオフ、PTA、デジタル通貨、地熱エネルギーなどが下落した。

株の面では、1776株が上昇しました。その中で、C貝泰尼、初歩株、岳陽林紙などの複数の株は5%以上上昇しました。1595株しか下落していません。その中でST山水、スカイライン株、渝三峡Aなどの多くの株は5%を超えました。

資金の流れについては、業界のプレートの主力が上位5位に流入したのは他の交通設備、文化メディア、インターネットメディア、マーケティング伝播、船舶製造で、上位5位に流出したのはその他の交通設備、文化メディア、インターネットメディア、マーケティング伝播、船舶製造です。主力の流入上位5位の株は中国広核、開普検査、欣賀株式、日久光電、地下鉄設計で、流出上位5位の株は中国広核、開普検査、欣賀株式、日久光電、地下鉄設計である。主力流入上位5位の概念題材はO 2 O概念、綿、特高圧、風電、深セン国資改革で、流出上位5位の概念題材はO 2 O概念、綿、特高圧、風電、深セン国資改革である。

中国外貨取引センターからのデータによると、人民元の対ドル中間価格は94ベーシスポイント低下し、6.376%に達した。

前の取引日までに、上交所の融資残高は7948.75億元となり、前の取引日より22.92億元減少し、融券残高は849.67億元となり、前の取引日より7.22億元減少した。深交所の融資残高は7130.114億元となり、前の取引日より16.27億元減少し、融券残高は556.3億元となり、前の取引日より6.16億元増加した。両市の融資金融券の残高は合計16484.86億元で、前の取引日に比べて40.24億元減少した。

上海深港から南北資金の流れを見ると、発稿までに、北から資金の純流入は1.04億元で、その中の上海株の純流入は0.43億元で、当日の資金残高は519.57億元で、深株の純流入は0.61億元で、当日の資金残高は519.39億元である。通純流入は2.0億元で、当日の資金残高は418.0億元である。

方正の証券は、短い線の総合株価は引き続き転んだ動力はすでに衰弱して、技術の上で反発の要求を備えて、反発の高さは量エネルギーの釈放に依存して、もし量エネルギーが有効に釈放することができるならば、反発の高さは高くて、3400点を越えることが期待できて、半年の線の圧力に挑戦して、もし量は釈放しにくいならば、3400点から半年の線の近くの圧力はわりに大きいですと思っています。

財信証券によると、前期市場指数は短期投資家の持ち場コスト付近に下落し、短期投資家の売り意欲が低迷したため、市場はここで3週間近くの揺れ調整の動きを開始した。調整期間中に、多さと空振りの意志はいずれも低迷しています。株式市場は取引が成立しても淡泊で、指数の小幅の変動があります。市場の変化に伴い、トレーディングノードが近づくにつれ、投資家による買い控えが主となり、低額なレイアウトの銀行、保険などのプレートも値下がりすることができる。(APP)

(文中の観点は参考のみで、投資提案を構成しないで、投資はリスクがあります。入市は慎重にしてください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です