2021年10月25日

s & pはボロンの不動産主体をbb−展望安定に格付けした

3月26日、s & pは25日、宝竜地産(hk .1238)がレバレッジを継続的に最適化しながら、安定的な業績成長を達成したと評価する格付け報告書を発表した。

売上高は堅調に伸び,粗利率は大きくリードし続けている

同報告によると、2020年、宝竜産は全体的に低迷する市場環境の中で、強力な販売成長、同業者を上回る粗利水準、経常収入の安定的な成長を達成した。2020年、宝竜の土地契約の販売金額は815億5000万元に達し、年間750億の販売目標の108.7%を達成し、前年同期比35.1%増となった。総収入は約355.0億元で、前年同期比36.3%増。粗利率は36.1%で、業界をリードしている。

業績発表後、宝竜地産は国内10余りの金融機関から肯定的な評価を得た。シティ、建銀国際、ゴールドマンサックス高華、富瑞、尚乗国際などはすべて会社の目標価格を引き上げた。そのうち、シティは宝竜地産に香港ドル8.86ドルの目標価格を与えた。大華継顕、華泰香港などは宝竜地産を業界の優先対象に挙げた。s & pも今回の報告で、同社の粗利率水準が同業他社を大きくリードする見通しだ。

キャッシュフローは安定し、財務指標は継続的に最適化

報告書によると、会社の各財務指標も継続的に改善され、優秀な経営品質を維持している。負債を厳格にコントロールし、レバレッジを安定させることによって、宝竜不動産の負債は改善を続け、キャッシュフローは順調に推移している。純負債率は2020年上半期に79.9%だった指標が、年末には73.9%に下がった。

2020年12月31日までに、会社の現金及び銀行残高は282.8億元で、前年同期比19.5%増加した。同期間の流動率は、昨年の1.30倍から1.36倍に上昇した。s & pは、経常収入の持続的な成長が、会社に安定的なキャッシュフローをもたらすと考えています。報告書は、会社の将来の債務は合理的な成長を維持し、財務指標は引き続き改善すると予想している。

新5ヵ年計画が出帆すれば,業績の成長は可能である

宝竜地産は2020年に「新5ヵ年戦略計画」(2021-2025)を発表し、今後5年間で「双百双千」目標を実現することを打ち出した。即ち、自社のショッピングセンターが100基を超え、中核利益が100億を超え、権益売上高が1000億を超え、上場企業の時価総額が1000億を超える。

宝竜地産の許華芳会長は2020年の年間業績発表会で、2021年に契約売上高が千億円を突破すると同時に財務健全性を向上させ、債務構造を最適化し、商業運営管理のアップグレードを実現し、規模が持続的に拡大すると述べた。s & pは、会社の見通しが安定しており、レバレッジをうまくコントロールした場合、予想される業績成長レベルを達成することができ、同時に開発規模と商業運営が持続可能に向上し、同業他社よりも良好な利益レベルを維持できると考えている。

先ごろ発表された2021年中国の不動産企業トップ100ランキングで、宝竜地産は着実な成長傾向と総合力の向上により、「中国の不動産開発企業トップ50」の38位にランクインした。2021年、宝竜不動産も良好なスタートを見せ、2021年2月28日までに、宝竜不動産の契約売上高は151.01億元で、前年同期比で約213.2%増、契約販売面積は約97.80万平方メートルで、同219.5%増となった。千億の目標を策定すれば、宝竜は境界を突破し、飛躍を加速し、投資家のためにより豊かなリターンを創造し続けることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です