2021年12月2日

北京の17軒の公立病院の代表は良い医者を代表してオンライン開放日の活動に参加します。

3月27日付け今日の午前中、良い先生はオンラインで北京本部で「いい先生オンライン開放日活動及びインターネット運営経験交流会」を開催しました。北京大学人民病院、北京大学第一病院、北京協和病院、北京同仁病院、中国医学科学院阜外病院、首都医科大学宣武病院、北京安貞病院、中日友好病院、北京朝陽病院北京大学口腔病院、北京積水潭病院、北京地壇病院、北京婦女産院、北京世紀壇病院、北京口腔病院、清華大学第一付属病院、北京市垂楊柳病院など17の公立病院の30人余りの代表が出席しました。

紹介によると、今回の開放日活動は公立病院がインターネット医療の第三者プラットフォームに対する理解を増進することを目的とし、公立病院とインターネット医療の第三者プラットフォームの深度協力モデルを検討し、インターネットを利用する能力によって良質の医療資源の効率を向上させ、中国人により効率的で便利な医療サービスを提供する。

交流会では、良いお医者さんオンライン創始者兼CEOの王航さんが、良いお医者さんのオンライン運営センターを案内して、良いお医者さんのオンライン創立15年来の運営経験を分かち合いました。また、参加者はインターネット医療の第三者プラットフォームと公立病院の提携ウィンウィンモードについても深く検討しました。

聞くところによると、良い医者はオンラインで2006年に創立して、中国のリードするインターネットの医療のプラットフォームの1つです。2021年3月までに、良い医者はオンラインで全国の9,680軒の正規病院の78万人の医者の情報を収録して、その中の23万人の医者はプラットフォームの上で実名で登録して、累計サービスは7000万人の患者を上回ります。

資料によると、いいお医者さんはオンラインで「誠実と信用、社会価値優先」という価値観を貫き、「患者を中心に、医者を基本とする」という業務原則を実行し、「信頼できる医療の場になる」ことを追求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です